次期戦闘機は超エコな「空飛ぶ発電所」!? 日英共同のエンジン開発が正式決定 その全貌

航空自衛隊F-2戦闘機の後継となる次期戦闘機のエンジンを、日本とイギリスが共同で開発していくことが発表されました。時代の要請もあり、そのエンジンは大出力・小型・そして超エコなものになりそうです。

次期戦闘機のエンジン、日英共同開発が正式発表

 2021年12月22日(水)、防衛省は航空自衛隊のF-2戦闘機を後継する次期戦闘機のエンジンの実証事業をイギリスと共同で行うと発表しました。日英両国は2022年1月から共同実証事業を開始し、日本からはIHI、イギリスからはロールス・ロイスがそれぞれ参加して、次期戦闘機のエンジン実証機を共同で開発することとなります。

Large 220111 jiki 01
イギリスの次世代戦闘機「テンペスト」のイメージ(画像:チームテンペスト)。

 日本政府は2018年12月18日に閣議決定された現防衛大綱と現中期防衛力整備計画で、「外国との協力を視野に、我が国主導で開発」するという方針を定めています。

 次期戦闘機の国際協力に関しては、アメリカロッキード・マーティンが戦闘機と電子機器やコンピューターなどの「ミッション・システム」の統合、コンピューターによるシミュレーションを駆使した設計、運動性能とステルス性能の両立の3つの分野の設計で日本を支援する候補企業に選定されているほか、防衛省はアメリカ空軍などとの間で、次期戦闘機とアメリカ軍機が高いレベルで相互にデータのやり取りを行うためのネットワークの構築に向けた話し合いも行っています。

 同盟国であるアメリカ企業や、また航空自衛隊が創設以来密接な関係にあるアメリカ空軍などとの協力は当然のことと言えますが、次期戦闘機のエンジンの共同実証事業をイギリスと行うという発表には、驚かれた方も少なくないのではないでしょうか。

 日本政府が次期戦闘機の開発で「外国との協力を視野に」入れたのは、開発に伴うリスクとコストを少しでも抑えるためです。

【日本の次期戦闘機と共通に?】英次世代機「テンペスト」のエンジン&各種機能を画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント