在来線最速「京成スカイライナー」160km/h運転の感覚とは? 現役運転士に聞く

京成電鉄の看板列車といえば京成上野駅と成田空港駅を結ぶ「スカイライナー」です。この列車に使われるAE形(2代目)はどのような「乗りもの」なのでしょうか。現役の運転士に聞きました。

区間によりスピードが違うスカイライナー

 京成電鉄の看板列車といえば、東京都心と成田空港を結ぶ「スカイライナー」です。東京の下町や、千葉ニュータウン等を経由し、30分台で走り抜けます。この「スカイライナー」に使われているAE形(2代目)は、2010(平成22)年にデビューした比較的新しい特急車両ですが、運転士にとってどのような車両なのでしょうか。

 歴代のスカイライナー車両や数多くの通勤車両を運転してきた京成電鉄の現役運転士・松村眞一さんに、AE形がどのような乗りものなのか、話を聞きました。

Large 220119 keiseiunten 41

拡大画像

京成電鉄の「スカイライナー」に使われているAE形(2代目)電車(画像:写真AC)。

――松村さんは、これまでどのような鉄道車両を運転されてきましたか?

 京成電鉄には1987(昭和62)年に入社し、それから駅係員を1年10か月、車掌を10か月務め、1990(平成2)年7月から現在まで運転士をしています。(スカイライナーの歴代車両である)AE形(初代)、AE100形、AE形(2代目)にも乗務しました。現在はスカイライナーがほとんどですが、通勤車両に乗務することもあります。

――自動車であれば、曲がりくねった曲線区間と、高速道路では、運転に対する注意点が随分異なります。クルマの性能も影響するでしょう。AE形(2代目)は、京成本線は最高時速110km/hですが、北総線区間は最高時速130km/h、印旛日本医大~空港第2ビル間では最高時速160km/hとなります。これだけ運転条件が異なれば、注意点も相当異なるのでしょうか?

 京成本線を走行する京成上野から京成高砂までは曲線もあり、踏切が多い区間もあるので、そちらにも注意が必要です。加減速を繰り返しますから、運転操作により気を使います。

――すぐに思ったように、速度が変えられるものなのですか。

 ノッチをP段(車でいうアクセル)に投入すると、レスポンス良く反応します。ただ、本線から先の北総線の最高130km/h区間は踏切がなく曲線も少ないため、定速運転機能を使い加減速もほぼなくなります。160km/h区間も同様です。

――定速運転機能は、スイッチを入れると同じ速度で走ってくれる機能なのですか?

 はい。AE形(初代)、AE100形、AE形(2代目)に装備されていますが、操作方法は違います。

【写真】「止まれ」の踏切を通るスカイライナー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 停止位置目標…横浜の地下鉄みたいに運転室窓に合わせるとかにはなっていないんですっけ?