防衛省 南太平洋トンガに自衛隊を派遣 早ければ20日中に輸送機2機が出発

緊急援助活動のための統合部隊が編成されます。

オーストラリアにも現地調整所を開設へ

 防衛省は2022年1月20日(木)、火山噴火によって被災した太平洋の島国トンガに対して、自衛隊を派遣すると発表しました。

 これは外務大臣から国際緊急援助活動の実施について協議があり、それに基づいて防衛大臣が命令を出したものです。これにより、航空自衛隊のC-130H輸送機2機、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」、陸上自衛隊のCH-47輸送ヘリコプター2機による輸送活動を実施するとしています。

 また、このほかにも現地トンガで情報収集・連絡調整を円滑に行うため、オーストラリアに現地調整所を設置するそうです。

Large 220120 jsdf 01 1

拡大画像

海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(画像:海上自衛隊)。

 派遣命令を受け、早ければ20日中にC-130H輸送機2機は日本を出発し、緊急支援物資として飲用水の輸送を行う予定とのこと。また輸送艦「おおすみ」も、物資積載など準備が整い次第、トンガへ向けて出港し、緊急支援物資の輸送に従事するといいます。

 なお、今回の派遣に際して航空自衛隊のC-130H輸送機2機は「トンガ王国国際緊急援助空輸隊」として、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と陸上自衛隊のCH-47輸送ヘリコプター2機については「トンガ王国国際緊急援助活動統合任務部隊」として活動するとしています。

【了】

【水上発着するヘリも】トンガに派遣される自衛艦&自衛隊機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント