防衛省 空自C-2輸送機もトンガへ派遣 先行出発のC-130Hは活動開始

トンガへの航空自衛隊派遣は4機に拡充。

C-2輸送機1機は早ければ22日に出発

 防衛省は2022年1月21日(金)、火山噴火によって被災した太平洋の島国トンガに対して、航空自衛隊のC-2輸送機2機を追加で派遣すると発表しました。

 1機は準備でき次第、22日(土)にも出発させ、飲用水の輸送を行う予定とのこと。また残りの1機についても早ければ23日(日)に出発させ、火山灰撤去のための用具などの輸送を行うとしています。

Large 220122 c2 01

拡大画像

航空自衛隊のC-2輸送機(画像:航空自衛隊)。

 すでに防衛省は、航空自衛隊のC-130H輸送機2機、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」、陸上自衛隊のCH-47輸送ヘリコプター2機の派遣を決めており、先行してオーストラリア入りしたC-130H輸送機2機のうち1機は、22日(土)午前にオーストラリアからトンガへ向け活動を開始しているとのことです。

 また、このほかにも現地トンガで情報収集・連絡調整を円滑に行うため、防衛省・自衛隊はオーストラリアに現地調整所を開設しています。

【了】

【C-130Hトンガ出発の様子&16式機動戦闘車の積載訓練を行うC-2輸送機ほか】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 早速の一機派遣、何よりかと思います。でも届けたのが飲料水2600Lというのは何故なのでしょうか?この量は2Lボトルで1300本、トンガ王国人口の約10万人に対してとても少なく、重量もC-130輸送機の輸送量20トン(?)に比べて20%にもなりません。このことについてのコメントなど見つけられませんでした。ご存知の方のコメントいただければうれしいです。

  2. 最初に行ったのが C 130と聞いて疑問。足も長く積載容量も C 2の方が多いのに。やはり C 2には不整地に対する不安があるのが明らか。