外環道の本線トンネル工事再開へ 関越側から再始動 陥没の東名側は未定

シールドトンネル掘進中の地表面陥没事故を受けストップしていた外環道「関越~東名」区間の工事が再開します。まずは関越側から。事故の起きた東名側の再開はまだ先になりそうです。

陥没事故でストップの外環道工事 再開へ

 中断していた外環道「関越~東名」区間の工事が再開します。NEXCO東日本の小畠 徹社長は2022年1月26日(水)の会見にて、本線トンネルを掘削するシールドマシンの一部を再始動することを明らかにしました。

Large 220126 gaikan 01

拡大画像

NEXCO東日本の小畠 徹社長(中島洋平撮影)。

 地下40mより深い大深度に建設される外環道の本線トンネルは、NEXCO東日本とNEXCO中日本が東名、関越側の双方から1本ずつ、計4本のシールドマシンで掘り進めていました。このうち東名側から進んでいたNEXCO東日本のシールドトンネル直上(調布市東つつじケ丘)にて2020年10月、地表面の陥没が発生。以来、工事はストップしています。

 国土交通省とNEXCO東日本・中日本は補償などの対応にあたりながら再発防止策をとりまとめ、2021年12月24日に有識者会議で了承を得、「速やかに住民説明会を開催すべき」との意見に基づき、1月23日の練馬区を皮切りに沿線で順次開催しているといいます。

 小畠社長は、時期は明らかにしなかったものの、「準備が整ったシールドトンネルから順次工事を再開」する旨を説明しました。

【シールドマシンはいまどこに?】外環道の現状を画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント