クルマのドアノブ「フラップ式」復権? グリップ式が主流も多様化 もはや“ノブなし”も

クルマのドアノブは、上から握って引っ張るグリップ式が主流。日本では、下から引き上げるフラップ式に取って代わってきましたが、BMWが相次ぎフラップ式のシンプルなドアのモデルを登場させています。

あれ? BMWの新型にフツーのフラップ式ドア…

 クルマのドアノブといえば、バーを上から握って引っ張るタイプの「グリップ式」が主流です。かつて日本で多かった、下から手を入れて引き上げるタイプのシンプルな「フラップ式」は、商用車では健在なものの、乗用車での採用は少なくなりました。

 グリップ式はもともと欧州車で多くみられ、それが“日本車との違い”として語られることもありました。このため、グリップ式のドアにどことなく高級感を覚える人も少なくないようです。

Large 220217 door 01

拡大画像

BMW iXのドア。シンプルなフラップ式(画像:BMW)。

 ところが、BMWが2021年の新型2シリーズクーペや、4シリーズグランクーペ、そのEV(電気自動車)版である2022年のi4と、相次いでフラップ式のシンプルなドアノブを採用しています。なぜいま、フラップ式なのでしょうか。

 これについてBMWのプロダクトマネージャーである岩崎 格さんはi4の発表会にて、「ドアパネルの凹凸を減らしてスッキリさせることで、空力性能もよくなる」と話していました。

 BMWに限らず、フラップ式は、外に出っ張ったバーを排してドアパネルと同化させるような配置も可能なことから、たとえばホンダNSXやS660など、一部のスポーツモデルで採用されています。

 さらに近年は、後部ドアだけフラップ式というものも。ホンダのヴェゼルや、トヨタC-HR、スズキのスイフトなどは、後部のドアパネルではなく、窓枠に一体化する形で、やや高い位置にフラップが配されています。これらはいずれも、スポーティなクーペ風のルックスを強調するため、などと説明されています。

【どう開ける】ドアノブなし車ほか 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. アウトバーンを
    ハイスピードで走るドイツ車なら
    空力を考えて
    ドアハンドルがフラップ式なのは当然だが
    たかだか100キロ位の日本では
    バー式だろうが関係ない