「キエフの幽霊」って何者? ウクライナ空軍に1日で6機撃墜のエースパイロット誕生か

「エースパイロット」の称号は撃墜数を基にしていますが、このたびウクライナに、たった1日でエースになったパイロットが現れたといいます。その名も「キエフの幽霊」……なんだかできすぎなお話の気もしますが、果たして。

危急存亡のウクライナに救国のエース現る

 2022年2月24日、ロシアのプーチン大統領は隣国のウクライナへ事実上の宣戦を布告し侵攻を開始、21世紀の現在となっては珍しい国家間における戦争へ突入しました。

Large 220228 ua 01

拡大画像

「キエフの幽霊」乗機とされる、ウクライナ空軍のMiG-29戦闘機。写真は同型機(画像:アメリカ州兵空軍)。

 ロシア軍は核兵器保有数で世界1位、通常戦力においても米中に並ぶ屈指の兵力を有します。対するウクライナは、決して小国とはいえないものの、ロシアに比べるべくもありません。ゆえに戦争は早ければ3日で終わるのではないかという予想さえあり、実際、戦争2日目には、ウクライナ首都キエフの陥落は数時間内であるという速報も出ました。

 ところがウクライナのゼレンスキー大統領は、国民総動員令を発令するとともに、全国民が一丸となりロシア軍を迎え撃つ決意を表明。少なくとも戦争5日目(2月28日)においてもキエフは陥落しておらず、その頑強な抵抗によってむしろロシア側は戦争目標を達成していないであろうと推測されます。

 ロシアは、戦争初日には早くも制空権を確保したという発表を行いました。ところが、実際はそうではなかったようです。制空権を確保したというわりには、ロシア側の航空作戦が手ぬるいのです。また、ロシア空軍機に少なくない損害が出ていることが明らかとなっています。

 こうしたなかにあって、ウクライナ空軍MiG-29MU2戦闘機のパイロット、通称「キエフの幽霊(ゴーストオブキエフ)」がロシア空軍を苦しめている、という噂が、ウクライナのみならず世界中のSNSにおいて流れ始めました。

テーマ特集「ロシア軍のウクライナ侵攻 最新情勢 戦争はどうなっているのか」へ

対するロシア空軍の最新戦闘機 Su-35

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. スツーカ大佐出番です。大好物のイワンの奴等が集結しています。設計に携わり、DNAを色濃く受継いだサンダーボルトを駆って、赤い奴等を殲滅して下さいませ。スターリンの亡霊プーチンにも、民族最大の敵として君臨して下さいませ。

  2. ラーズグリーズの亡霊みたいな語感・・・やっぱり新作ゲームかな。