わずか2年強で生まれたF-16のライバル フランス戦闘機「ミラージュ2000」が初飛行-1978.3.10

政治的駆け引きやらでアメリカ機買えない国に最適。

F-16に引けを取らない新型機として誕生

 1978(昭和53)年の3月10日。フランスのダッソーが開発した戦闘機「ミラージュ2000」が初飛行しました。

Large 220309 m2000 01

拡大画像

フランス空軍のミラージュ2000(画像:アメリカ空軍)。

 1970年代前半、オランダ、ベルギー、デンマーク、ノルウェーの4か国はNATO(北大西洋条約機構)としての共通戦闘機を導入しようと計画していました。それにダッソーも応じますが、既存の「ミラージュF1」の改良型でしかない「ミラージュF1/M53」を提案したため、アメリカ製の最新戦闘機(当時)F-16「ファイティングファルコン」にあえなく敗北してしまいます。

 このことは、NATO以外の世界的な戦闘機市場を捉えても、ミラージュF1が旧式化しており、他国の商戦においてもF-16に負けることは必須ということを示すものでした。

 一方、1970年代後半に入るとフランス空軍も新型の戦闘機を導入しようと動き出します。そこでダッソーは1から設計し直した新型機を開発することを決め、最新技術を多数採り入れた戦闘機を生み出します。こうして誕生したのが「ミラージュ2000」でした。

 フランス空軍が1982(昭和57)年の実用化を求めたため、設計開始から初飛行までわずか27か月(2年3か月)という驚くべき短期間で開発され、フランス空軍の要求通り、1983(昭和58)年には量産型の納入にこぎ着けています。

【写真】アメリカ機とは違う美しさ「ミラージュ2000」を色んなアングルから

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. F-16のライバル?
    見出しがおかしくないですか?
    生産機数で約7倍(4000機以上対600機)
    採用国でも大差をつけられているのにライバルとは言わないですよ