使うはどちらも「やられメカ」ことT-72戦車 ロシアとウクライナ、勝機はどちらに?

激しい戦闘を続けるロシアとウクライナですが、両軍とも使用する共通兵器といえるもののひとつに旧ソ連製T-72戦車があります。両軍の戦車はいわば「姉妹」ともいえますが、性能差はあるのでしょうか。

ウクライナ軍が欲しがる他国製T-72系戦車

 長期戦の様相を呈しつつあるロシアとウクライナの戦い。日本では、アメリカを始めとした西側諸国の対戦車兵器でロシア軍の戦車を始めとした各種戦闘車両が、多数撃破されている様子が大きく報道されていますが、もともとウクライナ軍の装備は旧ソ連製のものが主体で、ロシアと共通する部分が多かったといえます。

 なかでも戦車はその傾向が顕著で、当初からウクライナ軍はロシア軍も運用したことのあるT-64やT-72などを多数装備していました。

Large 220506 tank 01

拡大画像

開戦前、雪上で訓練するウクライナ陸軍のT-72戦車(画像:ウクライナ軍参謀本部)。

 そのようななか、2022年2月24日のロシアによる侵略(筆者はこれをロシア第1次攻勢と仮称します)が始まった直後から、ウクライナはNATO(北大西洋条約機構)加盟国をはじめとした西側諸国に戦車の提供を求めていました。3月24日、ブリュッセルで開催されたNATO首脳会議にオンライン参加したウクライナのゼレンスキー大統領は、参加各国の首脳に対して直接、次のように訴えています。

「みなさんは、合計して少なくとも約2万両の戦車を保有しています。そのうち1%の200両で結構ですので、わが国に譲ってください」

 特にウクライナは、旧ソ連時代に開発・生産され、現在も同国やロシア、そして輸出先の各国でも現役のベストセラー戦車ともいえるT-72と、その発展型の戦車を欲しがっています。

 T-72は1973(昭和48)年に生産が始まった古い戦車ですが、旧ワルシャワ条約機構加盟国のポーランドやチェコなどでもライセンス生産され、以降、本車をベースに改良された発展型が、現在も各国でMBT(主力戦車)として用いられています。

テーマ特集「ロシア軍のウクライナ侵攻 最新情勢 戦争はどうなっているのか」へ

【戦車で愛犬とツーショットも】ウクライナ&ロシアが運用するさまざまな戦車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ウクライナ軍であれロシア軍であれ、この記事に面白おかしく書かれている戦車には人間が乗っており、「ジャックインザボックス」の状態の戦車の中ではかなりの確率で人が死んでいるものと思われます。
    「単に海外で言われていることをまとめただけ」と言われるかもしれませんが、それならば人の生命が失われている状況を指して「バネでビヨヨ~ン」などという表現を使うでしょうか。
    本記事を執筆された白石氏と、これを掲載するメディアの良識を疑います。