初公開! ANA「整備訓練機ツアー」を取材 通常の格納庫見学より大幅パワーアップ 貴重な737-500

そんなところ入れちゃうの!!??ってなりました。

「スーパードルフィン」737-500を使用

 ANA(全日空)が2022年5月14日(土)と15日(日)、同社が保有する「整備訓練機(ボーイング737-500。機番JA301K)」を用いたツアー「ANA航空教室 in 羽田空港」を実施しました。ANAによると、この整備訓練機が一般に公開されるのは今回が初とのことです。

Large 01

拡大画像

ANA航空教室 in 羽田空港の様子(2022年5月14日、乗りものニュース編集部撮影)。

 整備訓練機となっているANAウイングスのボーイング737-500は、ずんぐりむっくりとした胴体がイルカに似ていることから、「スーパードルフィン」の愛称を持ち、エンジンカウルにイルカのイラストが描かれているデザインが特徴でした。同型機はおもに地方路線で活躍しましたが、2020年に全機が退役しています。JA301Kは2018年まで運用されたのち、同年より航空機の整備作業の品質向上のため整備訓練専用機となりました。

 ツアーは2つのパートに分かれています。前半の航空教室では、ANAグループのパイロット・客室乗務員・整備士などが、参加者にそれぞれの職種の仕事を授業形式で説明。後半は格納庫へ移動し、参加者はANAスタッフのガイドのもと、整備訓練専用機のコックピット(コックピット内は子供のみ見学可)や機内外を見学しました。

 同社のパイロットは「オンラインで何でもできる世の中ですが、直接見聞きすることでいろんなものを感じていただければ」と、参加者に話します。また企画担当者は、「なるべくお客様に体験をしてもらうというところをポイントとした」とも。担当者が話す通り、普段ではまずできないレアな体験が各所に盛り込まれていました。

【写真レポ】すげえところまで入れた!「整備訓練機ツアー」を取材(15枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント