次世代新幹線「ALFA-X」、営業時間帯にも試験走行実施 当面は最高320km/hで 内容は?

走行距離はすでに約14.5万kmにも達しているそう。

区間は東北新幹線の仙台~新青森間

Large 220421 abareru 01

拡大画像

次世代新幹線のE956形試験電車「ALFA-X(アルファエックス)」。手前の新青森寄り先頭車(10号車)はノーズの長さが約22mある(2019年5月、草町義和撮影)。

 JR東日本は2022年度から、次世代新幹線のE956形試験電車「ALFA-X(アルファエックス)」について、主に営業列車の走行する時間帯で試験を行います。目的は、開発品の耐久性の確認などです。

 走行区間は東北新幹線の仙台~新青森間。試験内容により、その他の区間を走行する場合もあります。なお、当面のあいだは最高速度を営業列車と同じとします。

「ALFA-X」は最高速度360km/h(現行の東北新幹線は320km/h)での営業運転を実現するため、JR東日本が2019年5月に開発した10両編成の試験車両です。2022年3月までに、地震発生時に列車を早く停止させる機能や車体の揺れを抑える装置、騒音を軽減させる形状などを検証しており、その日数は計182日、走行距離は約14.5万kmにおよびます。

 JR東日本は今後「車内におけるお客様サービスの研究開発、将来の自動運転を実現するための基礎的な研究開発なども行う」としています。

【了】

【写真】「ALFA-X」の運転席を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント