上野~仙台で「あおば」復活! 東北新幹線開業40thで 車両は200系復刻カラー

乗車記念品もすごい!

各駅停車タイプの「あおば」

Large 220421 abareru 01
東北新幹線「あおば」で使われた200系電車(画像:写真AC)。

 JR東日本が2022年5月19日(木)16時から、旅行商品「『なつかしのあおば号』で行く大宮・上野」を販売します。これは、東北新幹線の開業40周年を記念して実施されるもの。「あおば」は当時、上野~仙台間の各駅停車タイプの新幹線に付けられた名称です。

 運転日は6月25日(土)。仙台9:08発、上野12:06着です。途中は白石蔵王、福島、郡山、新白河、那須塩原、宇都宮、小山、大宮の全駅に停車します。なお乗車駅は仙台~新白河の各駅、降車駅は大宮と上野です。車両は、同路線開業当時の200系電車と同じカラーリングに復刻したE2系電車が使われます。

 募集人数は300人(最少催行人数:200人)。旅行代金は、仙台~上野間で普通車指定席を利用する場合、大人1万8000円(子ども:1万4000円)です。なお「お子さま連れ専用車両コース」も設定されます。参加者には、「あおば」行先表示器キーホルダーや当時のきっぷを再現した記念乗車証などが贈呈されます。

 申し込みは、JR東日本びゅうツーリズム&セールスのウェブサイトで受け付けます。

【了】

【イメージ図】200系カラーのE2系

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント