圧倒的迫力! 戦車づくしの陸自第7師団・東千歳駐屯地記念行事 3年ぶり開催

北海道にある東千歳駐屯地で、3年ぶりに第7師団および東千歳駐屯地の記念行事が開催されました。日本唯一の機甲師団として、戦車を約200両保有する部隊の観閲行進と訓練展示は圧巻の内容でした。

装甲車と戦車の車列が延々続く観閲行進

 北海道に所在する陸上自衛隊第7師団の創立記念行事が2022年5月22日(日)、千歳市の東千歳駐屯地で実施されました。

「第7師団創隊67周年 東千歳駐屯地創立68周年記念行事」と銘打たれた今回のイベント。新型コロナの影響により、2020年、2021年と2年連続で実施されなかったため、3年ぶりの開催になりました。ただ、今年も感染防止の観点から駐屯地一般開放は行われず、招待者および関係者のみへの披露となりました。

Large 220522 7d 01

拡大画像

第7師団創隊67周年 東千歳駐屯地創立68周年記念行事の様子(2022年5月22日、柘植優介撮影)。

 第7師団は、日本唯一の戦車を中心とした編成を採る部隊、いわゆる「機甲師団」で、戦車200両以上を集中運用しています。これは陸上自衛隊のなかでも、最大の戦車数になります。また第7師団は戦車の数だけでなく装甲車の数も日本一で、これらにより完全に機械化された唯一の部隊にもなっています。

 そのため、記念行事などではほかの駐屯地では味わうことができない、大迫力の観閲行進を見ることができ、それがひとつの特徴になっています。

 これに関しては、執行者である中村裕亮師団長が「『我らここに励みて国安らかなり』の気概を持ち、全国運用を基本とする機動師団の先駆けとして今後とも進化し続けます」と訓示のなかで述べたほか、来賓代表として登壇した千歳市の山口幸太郎市長も「北海道、北部方面隊の骨幹師団として、また日本唯一の機甲師団として歴史を歩んできました。地元市長として大変誇らしく思っています」とコメントしていました。

【10式戦車&90式戦車がいっぱい!】3年ぶりの第7師団記念行事の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント