兵装てんこ盛り… 重巡洋艦「摩耶」竣工-1932.6.30 後に主砲撤去し“防空”巡洋艦へ

旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」が1932年の今日、竣工しました。太平洋戦争の初戦は、南方と北方の両方で作戦を支援し善戦。中盤、空襲で大破すると、以降は対航空機を意識し、主砲を撤去してまで高角砲や対空機銃を増強しました。

アメリカ・オーストラリア空襲を支援

 1932(昭和7)年の6月30日は、旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」が竣工した日です。「摩耶」は高雄型巡洋艦の3番艦。なお同日にはその4番艦「鳥海」も竣工しています。

「摩耶」は1920年代から30年代にかけて発効された、ワシントンおよびロンドンの2つの軍縮条約の影響を受けています。軍艦の基準排水量や保有量などを制限され、旧海軍はその不足を補おうとしたのです。

Large 220228 sztk 01

拡大画像

1944年5月にフィリピンで撮影された重巡洋艦「摩耶」。防空に特化した改装が施されており、写真では第3砲塔が撤去されているのがわかる(画像:アメリカ海軍)。

 主な武装は20cm連装砲5基10門、12cm単装高角砲4門、連装魚雷発射管4基8門など。特に連装砲は対艦、対地だけでなく対空射撃にも使える「両用砲」とされました。軍縮条約(基準排水量1万トン以内)に沿うよう9800トンあまりで竣工しましたが、上述の兵装はオーバースペックともいえるものでした。

「摩耶」は太平洋戦争開戦前から、フィリピン方面への作戦支援に従事。1941(昭和16)年12月、連合国との本格的な戦闘態勢に入ると、石油を求め、南方でアメリカ軍やオランダ軍、オーストラリア軍と交戦しました。翌1942(昭和17)年2月には、オーストラリア本土初となるダーウィン空襲を支援。その後も駆逐艦らを率いて連合軍の艦隊を打ち破っていきました。

 5月には北方作戦に従事。アメリカのアラスカ州ダッチハーバー空襲を支援したほか、アリューシャン列島のアッツ島やキスカ島の一時占領に貢献します。しかしその間、並行して戦われたミッドウェー海戦で、日本は主力空母を4隻失い大敗。以降、戦局は日本不利へ傾いていきました。

 再び南方での作戦行動に従事した「摩耶」は10月、ソロモン諸島ガダルカナル島にあるアメリカ軍のヘンダーソン飛行場を砲撃し、損害を与えます。続いて10月には南太平洋海戦に参加し、航空隊と共同してアメリカ空母1隻を撃沈しました。

 しかし、制海権・制空権ともにアメリカ側に移りつつあり、「摩耶」も1943(昭和18)年11月のラバウル空襲で大破。横須賀港に戻って修理を受けました。その際、対空火力を強化した、いわゆる「防空巡洋艦」に改修されることが決まります。

【写真】パワーアップする契機に… 空襲を受ける「摩耶」

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント