砂漠にズラリ日本車 中東最大の中古車市場@ドバイを歩く ランクルから消防車まで 取引額は?

アラブ首長国連邦の主要都市のひとつドバイの郊外には「DAZ」と呼ばれる経済特区が多々設けられています。そのなかのひとつは中古車の免税エリアとなっており、日本車が所狭しと並べられていました。

観光都市ドバイの郊外にあるクルマの一大集積地

 中東にあるアラブ首長国連邦(UAE)というと、観光地として有名な都市ドバイのイメージが大きいでしょう。世界一高い人口構造物である超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」や、宇宙からも見える人工島のリゾート施設「パーム・アイランド」などは観光スポットとしてよく知られています。

 しかし、彼の地には、そんな観光とは無縁ともいえる中東最大の中古車市場があります。ドバイ中心部から郊外に向かってクルマで30分ほど行った所にある「ドバイ・オート・ゾーン」(以下DAZ)がそれです。

Large 220707 daz 01

拡大画像

販売されているトヨタの「ランドクルーザー」。この車は左ハンドルの海外仕様車で、日本以外の国からも多くの車が持ち込まれている(布留川司撮影)。

 ここには400社以上の販売会社と、約1万台の中古車が販売用としてストックされています。そして、その多くは日本から輸出された国産車であり、トヨタの「ハイエース」や「ランドクルーザー」といったお馴染みの車から、幼稚園や学校の名前が入ったスクールバス、さらには病院名や消防本部の名前が残されたままの救急車や消防車まで売られています。

 日本で見慣れたクルマが中東の地でズラリと大量に並んでいるのは、日本人の目から見ると少し異様な光景とも思えるほどです。

 そもそもドバイになぜ中古車販売業者が集まったのでしょうか。

 その理由は、UAE政府が海外企業を誘致するために「フリーゾーン」と呼ばれる経済特区を整備したからです。UAE政府は中東諸国特有ともいえる原油依存の経済から脱却することを目的に、海外企業の誘致を積極的に推進しており、国内には40か所以上のフリーゾーン(経済特区)を設けています。そこでは、100%外国資本による起業が認められており、関税・法人税の免除といった優遇措置も受けることができます。

【日本から来た決定的な証】ビックリマンシール張られたトラックほか

最新記事

コメント