ポーランド、韓国から戦闘機FA-50も“爆買い”のナゼ ウクライナとドイツのはざまで

ポーランドが締結した韓国からの大型兵器調達契約、そのなかには戦闘機FA-50も含まれています。イタリアから導入していた練習機の戦闘機型ではなく、韓国から別の戦闘機を導入した背景には、ポーランドの危機感がにじみ出ています。

ポーランドが韓国から48機購入の戦闘機「FA-50」とは

 ポーランド国防省は2022年7月27日、韓国からFA-50軽戦闘/攻撃機を48機導入すると発表しました。あわせてK2戦車を約1000両、K9自動榴弾砲を約650両も韓国から導入するなど、非常に大きな兵器調達契約が結ばれました。

Large 220729 fa50 01

拡大画像

ポーランドが導入するFA-50軽戦闘/攻撃機(画像:KAI)。

 FA-50は韓国のKAI(Korean Aerospace Industry)がロッキード・マーチンから技術支援を受けて開発した超音速練習機T-50の軽戦闘/攻撃機型です。このT-50からは今回ポーランド空軍に採用されたFA-50と、練習機としても使用できるTA-50という、2種類の軽攻撃機型が開発されています。

 TA-50はMk.82無誘導爆弾、AGM-65マーベリック対戦車ミサイル、無誘導ロケット弾、AIM-9サイドワインダー空対空ミサイルなどの運用能力を備えていますが、戦闘機搭乗員が実用戦闘機での勤務を開始する前の訓練の総仕上げを行うための練習機「LIFT」(戦闘機前段階練習機)、という性質の強い航空機です。

 対してFA-50は、韓国空軍が運用しているF-5EタイガーIIと、2007年に退役したジェット軽攻撃機A-37「ドラゴンフライ」の後継機として開発されました。TA-50をより本格的な軽攻撃/軽戦闘機としたもので、JDAM(無誘導爆弾の誘導装置キット)やレーザー誘導式ロケット弾の運用能力が追加されています。

 また2019年からはロッキード・マーチンの照準ポッド「スナイパー」の搭載能力と、AIM-120「アムラーム」中射程空対空ミサイルの運用能力を付与するための改良作業が開始されています。この改良を受けたFA-50は、飛行性能や兵装搭載量などは及ばないものの、F-16などと同等の空対空、空対地攻撃能力を持つことになります。

 ポーランド空軍は数年前から、旧ソ連製のスホーイSu-22を後継する戦闘攻撃機の導入を模索していました。同空軍はLIFTとして、イタリアのレオナルドが開発したM-346を導入しています。

 M-346からは軽戦闘/攻撃機型のM-346FAも開発されていますが、M-346FAではなく韓国からFA-50を導入したのは、ポーランド空軍の戦闘機戦力の構成が大きく影響しています。

【韓国から爆買いする兵器 写真で見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 地理的に韓国がロシアから直接侵攻される心配がほぼない、貿易も程々だから外交が悪化してもあまり困らないからガンガン押している感じもする。