IGRいわて銀河鉄道、道床流出やトンネル浸水などの被害 貨物列車も運休で物流に影響か

復旧には相当な時間がかかる見込みです。

大雨の影響明らかに

Large 220127 melody 001

拡大画像

IGRいわて銀河鉄道線の車両(画像:写真AC)。

 2022年8月3日(水)より北日本を中心に降り続く大雨の影響で、盛岡~目時間を結ぶ第三セクターのIGRいわて銀河鉄道線は、一部区間で線路設備などに被害が出ています。

 本日4日(木)は、いわて沼宮内~目時間で終日運転見合わせ、いわて沼宮内~盛岡間で一部運転見合わせとなっています。なお、終日運転を見合わせている区間のうち、奥中山高原~小繋間では道床流出が、小繋~小鳥谷間の小繋トンネルでは内部の浸水が確認されました。復旧には相当な時間がかかるものと見られます。

 いわて銀河鉄道線は、JR東北本線を経由して貨物列車も多数運行されています。JR貨物によると、同線を経由する列車では運休が生じており、物流にも影響が出ることが予想されます。

【了】

テーマ特集「【随時更新】東北・北陸地方の豪雨による交通機関への影響」へ

【写真】被害状況

最新記事

コメント