エンジンも日本製 純国産機OH-1「ニンジャ」初飛行-1996.8.6 攻撃ヘリっぽいけど観測用

映画『シンゴジラ』でもAH-1S「コブラ」とともに出演していました。

設計開始からわずか3年で初飛行に成功

 1996(平成8)年8月6日、川崎重工が開発した陸上自衛隊向けの観測ヘリコプターOH-1が初飛行しました。なお、陸上自衛隊では本機に「ニンジャ」という愛称を付けています。

 OH-1は、エンジンを含めオール日本製の純国産ヘリコプターなのが特徴です。なお、日本初の純国産ヘリコプターは三菱重工が開発した民間向け「MH2000」であるため、OH-1は2例目になります。

Large 220805  oh1 01

拡大画像

陸上自衛隊のOH-1観測ヘリコプター(画像:陸上自衛隊)。

 従来、陸上自衛隊は小型の観測偵察ヘリコプターとして、アメリカのヒューズ社(現MDヘリコプター)が開発したOH-6シリーズを長らく使用していました。同機は川崎重工でライセンス生産され、初期のJ型、改良型のD型あわせ陸上自衛隊だけで300機以上を導入しています。

 ただ、2000年代を見据えたとき、より優れた観測偵察機器を積んだ新型ヘリコプターが必要と目され、新型機の導入が検討されるようになりました。そのなかで国産開発の機運が高まったことから、生まれたのがOH-1です。

 計画は1992(平成4)年から本格化し、川崎重工を中心に富士重工と三菱重工が協力する形が採られます。設計は1993(平成5)年から始まりましたが、日本の航空機メーカーの総力を結集する形でわずか3年で終了、前出したように1996(平成8)年8月6日に初飛行に成功したのです。

 その後、各種試験ののち、1997(平成9)年には陸上自衛隊が制式採用。2000(平成12)年には量産1号機の引き渡しが行われました。

【写真】相棒AH-1S対戦車ヘリとともに飛ぶOH-1ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント