デカい!新型「バイラクタル」初飛行目前か ウクライナ戦で実績の無人機 今度はステルス機

強襲揚陸艦に載せて艦載戦闘機として使う構想だとか。

初飛行は2023年初頭の予定

 トルコのUAS(無人航空機システム)メーカー、バイカル・テクノロジーズは2022年11月21日、開発中の無人戦闘機「バイラクタル・キジエルマ」が初の自動タキシングと滑走テストに成功したと発表しました。

Large 221121 uav 01

拡大画像

「バイラクタル・キジエルマ」とともに写真に収まったバイカル・テクノロジーズの社員たち(画像:バイカル・テクノロジーズ)。

 「バイラクタル」はロシアによるウクライナ侵攻で一躍、知られるようになったトルコ製のUAV(無人航空機)です。ただ、今回披露された「バイラクタル・キジエルマ」は従来の「バイラクタル」シリーズとは形状を一新しており、レーダーに映りにくいステルス性を有しているのが特徴です。

 機体サイズは全長14.7m、翼幅10m、全高3.3m、最大離陸重量は6000kgと大型で、外観デザインは主翼の前方に小翼(カナード)を備えた「カナードデルタ翼」と呼ばれる形状をしており、エンジンは1基、垂直尾翼は2枚あります。

 性能は最大速度1100km/h(マッハ0.9)、巡航速度750km/h(マッハ0.6)、戦闘行動半径930km(機内燃料のみ)、滞空時間5~6時間、実用上昇限度1万4000m(約4万5000フィート)、運用高度1万1000m(約3万5000フィート)。搭載量は1500kgで、AESA(アクティブフェイズド・アレイ)レーダーを搭載するとしており、初飛行は2023年初頭を予定しているそう。

 なお、バイカル・テクノロジーズの公式ウェブサイトでは、短滑走路空母での離着陸も可能と説明しているため、将来的には艦載機として運用されるかもしれません。

【了】

【俯瞰写真も】無人戦闘機「バイラクタル・キジエルマ」を上から前から

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 巡航速度7.5km/hではなく、735km/hではないでしょうか

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。