JR奈良線いよいよ複線化 時短&待ち合わせ解消で京都まで先着する列車も

より安定的な輸送ができます。

Large 150721 twilight 01

拡大画像

JR奈良線へ向かう「みやこ路快速」(画像:写真AC)。

 2023年3月18日(土)、JR奈良線の京都~城陽間および山城多賀~玉水間が複線化されます。

 これにより安定輸送が実現するほか、対向列車との待ち合わせが解消され、京都~奈良間の所要時間も短縮されます。例えば城陽~京都間では、快速・区間快速が26分(現行26~28分)に、普通が31~38分(現行34~47分)になります。

 また城陽駅(京都府城陽市)を午前7時05分と7時18分に発車する普通電車は、終点の京都駅まで先着できるように。利便性の向上が期待されます。

【了】

テーマ特集「【特集】大変化!?「2023年3月ダイヤ改正」鉄道各社の情報を一気にチェック!」へ

【時刻表】複線化でどう変わる?

最新記事

コメント