新下関→東京、初めてAM10時台の到達可能に! 新下関始発「ひかり」新設の威力

新山口で「のぞみ2号」へ乗り継ぎ可能に!

山陽新幹線も速達化

Large 150721 twilight 01

拡大画像

山陽新幹線(画像:写真AC)。

 2023年3月18日(土)、山陽新幹線はダイヤ改正を実施。新下関駅(山口県下関市)始発の上り「ひかり」が設定されます。

 列車は「ひかり590号」。新下関駅を午前6時11分に発車します。列車は午前6時26分に新山口駅に到着し、ここでは「のぞみ2号」への乗り換えが可能となります。

「のぞみ2号」は新山口駅を午前6時36分に発車。新大阪駅には午前8時28分に、東京駅には午前10時57分に到着し、新下関駅から東京都内へ初めて10時台に到達できるようになります。

 ほかにも山陽新幹線全体の所要時間が見直され、例えば広島~東京間における平均所要時間は1分短縮へ。改正後は3時間54分となります。

【了】

※一部修正しました(12月19日14時30分)。

テーマ特集「【特集】大変化!?「2023年3月ダイヤ改正」鉄道各社の情報を一気にチェック!」へ

【時刻表】新設! 新下関“始発”「ひかり」→「のぞみ」

最新記事

コメント