唯一の新駅は博多ど真ん中! 地下鉄七隈線延伸「櫛田神社前駅」完成 地下駅の下にも秘密が

福岡市地下鉄七隈線の延伸区間、天神南~博多間の完成に伴い、2022年12月17日、中間駅となる櫛田神社前駅が報道陣に公開されました。入ってみると、色々な仕掛けがありました。

天神南~博多間は14分短縮

 来る2023年3月27日(月)、福岡市地下鉄七隈線の延伸区間が開通します。現在の起終点である天神南から、博多駅まで福岡市の都心部地下をつなぐ1.4km。開通すれば市南西部から博多駅、ひいては空港への乗り換えも便利になるほか、渋滞の激しい都心部の移動もスムーズになるとされています。
 
 この延伸区間で唯一の中間駅になる櫛田神社前駅(福岡市博多区)の完成披露会が、開業100日前となる2022年12月17日(土)に実施されました。

 櫛田神社とは、博多祇園山笠追い山の舞台となる博多の総鎮守。新駅は櫛田神社の南に位置し、西には複合商業施設「キャナルシティ博多」があるなど、博多の街中でも賑わう地区です。

Large img 8270

拡大画像

上り線ホームを博多側から見る。線路は地上より25m低い。ホームの長さは100mで将来の6両化にも対応できる(2022年12月17日、皆越和也撮影)。

 新駅は地下4階、地上1階(一部2階)で総面積9447平方メートルと、従来最も規模の大きかった天神南駅(1万1688平方メートル:同・中央区)に匹敵します。

 駅のテーマは「緑と文化、グリーンテクノロジーと伝統の融合」。デザインは歴史ある博多の街の雰囲気や木のぬくもりを感じる空間とし、博多の祭や伝統文化を感じられるという装飾や展示物を常設展示しています。

【写真】公開! 櫛田神社前駅の全貌を見る

最新記事

コメント