歩兵にやられまくり? ロシア戦車はどう撃破されているのか 戦術の稚拙さ浮彫りに

ロシア戦車の映像を目にするようになりましたが、よく見ると戦車や航空機からの攻撃ではないものもあります。ウクライナに攻め込んだロシア戦車を撃破しているもの、それは死角から攻撃している兵器でした。

熱源探知も通用しない “見えない敵”

 ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから1年が経過し、TVやインターネット動画、SNSなど様々なかたちで戦闘の様子が伝わるようになりました。特にロシア戦車が破壊され使い物にならなくなる映像は、陸戦の象徴でもある戦車が撃破されているということで、ウクライナ軍の士気を高揚しているともいわれています。

Large 230302 antitank 01

拡大画像

軽装甲機動車からの01式軽対戦車誘導弾の射撃シーン。車両から撃つ場合は、射撃後にすぐ移動できるのが最大のメリット(武若雅哉撮影)。

 一見すると無敵のようにも思える戦車も、このようにやられることは多々あります。戦車が苦手とするものは、見えない場所に潜む歩兵と、地面に埋められた対戦車地雷です。

 そもそも戦車は、死角が多い乗りものです。特に近く低い位置にあるものほど見えにくく、斜め後ろなどは砲塔から頭を出し、肉眼で周囲を警戒する車長でも気付きにくい場所となります。そのため、塹壕などを掘って地面と同じ高さで隠れる歩兵や、地面に伏せている歩兵、そして埋設された対戦車地雷などは、戦車乗りからすれば非常に厄介な存在となるのです。

 地面に穴を掘り、そこに身を隠す歩兵ですが、訓練の行き届いたベテラン兵士ほど息を潜めて目標となる敵戦車をじっと待ち続けるため、何も知らない戦車の乗員が気付くことは困難だといえるでしょう。日本の90式戦車や10式戦車をはじめとして、現代の戦車は熱源を探知できるサーマルビジョンも搭載していますが、歩兵が草木で偽装してしまうと体温程度では特定することが難しくなります。

テーマ特集「ロシア軍のウクライナ侵攻 最新情勢 戦争はどうなっているのか」へ

【vs戦車の戦法いろいろ】対戦車火器の射撃シーンをイッキ見

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. (3ページ目写真の下) 〜ロシア軍の場合はこうした梅雨払いとなる歩兵や〜
    「露払い」だと思いますが…。

    • ご指摘ありがとうございます。
      記事を修正しております。