ピーチ、沖縄路線拡充へ 進む那覇空港の拠点化

拠点を拡大しているピーチ。沖縄路線が充実し、那覇空港の拠点化がさらに進行しそうです。

ソウル線新規開設、福岡線増便

 LCC(格安航空会社)のピーチ・アビエーションは2015年3月5日(木)、沖縄(那覇)空港発着の路線を拡大し、9月4日(金)から沖縄~ソウル(仁川)線の新規開設、沖縄~福岡線の増便を行うと発表しました。

その拠点を関西空港以外にも広げつつあるピーチ(2014年2月、恵 知仁撮影)。

 沖縄~ソウル線は週7便で運行開始。運行スケジュールは沖縄発13時05分~ソウル着15時15分と、ソウル発15時55分~沖縄着18時05分の1日1往復。運賃は片道5980円~26880円の設定です。

 沖縄~福岡線は、1往復を増便して1日2往復になります。増便されるのは沖縄発8時15分~福岡着9時55分と、福岡発10時25分~沖縄着12時05分の1往復で、運賃は片道4290円~21990円の設定。航空券の発売開始は、両路線とも3月9日(月)の15時からです。

 沖縄拠点からの路線ネットワークを拡充することがこの狙いで、「新規路線開設ならびに増便により、選択肢が増え、ますます多くのお客様にピーチが提供する低運賃による空のをおたのしみいただけるようになります」と話しています。

 【了】

この記事の写真一覧

  • 150305_ピーチ_01

関連記事

最新記事

コメント