幸せの黄色い電車? 「西武らしい電車」がメトロ、東急方面へ初登場

考慮された「ヒゲ」

 車両のラッピングは黄色のほか、正面の黒い部分、乗降用ドアのグレーの部分でも行われています。前面は西武3000系、側面は西武2000系をイメージしたそうです。

Large 20150417 seibu 02
左が「黄色い6000系電車」で右が側面のモデルになり、前面下部に「ヒゲ」を持つ2000系(2015年4月17日、恵 知仁撮影)。

 またデザインについて、側面はすぐ決まったそうですが、前面は5案ぐらいから選んだとのこと。そして最終的に、6000系の前面に元からある黒い部分を活かす形で決まったといいます。

 ただモデルにされている3000系など、西武の黄色い電車には俗に「ヒゲ」などと呼ばれる銀色の装飾が前面の下部にあります。しかし今回の「黄色い6000系電車」にはありません。折角ならあったほうが、より「らしい」と思う人は多いかもしれません。

 この「ヒゲ」についても実際、装着が検討されたそうです。しかし6000系の前面は左右で段差があり、「ヒゲ」を付けるとそのズレによって違和感が出てしまうため、行わなかったといいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント