「うどん県」干される 有名すぎる讃岐うどんの功罪

香川県といえば「うどん県」として有名です。しかし5月27日に行われた香川県とはなまるうどん、ジェットスターによる発表会では、そこに焦点は当てられませんでした。

香川県×はなまるうどん×ジェットスターで「本ごし」を

「『うどんだけじゃない』というところを、ジェットスターさんにもお手伝いいただいて――」

 2015年5月27日(水)、「本ごしプロジェクト」の発表会が東京都千代田区で開催されました。香川県と、同県発祥の讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」、東京(成田)~高松便を展開しているLCCのジェットスターが「香川県の魅力を発信し、香川に足を運んでもらうことに“本ごし”を入れて取り組む」というプロジェクトです。

右から「はなまるうどん」成瀨社長、浜田香川県知事、ジェットスターの片岡会長とCA、マスコットのジェッ太(2015年5月、恵 知仁撮影)。

 記事冒頭の言葉は、その発表会で香川県の浜田恵造知事が発言したもの。香川県は2011年10月、「うどん県」に改名するというPRを行い、大きな話題になりました。

 しかし今回の発表会で「うどん県」という言葉は、ほぼ「うどん県。それだけじゃない香川県」という香川県のPRプロジェクト名でしか登場せず、焦点は「うどん県」ではなく、「それだけじゃない」という部分に当てられていました。

 香川県の浜田知事は「なんといっても、讃岐うどんの認知度が一番高いわけであります」と話します。そうしたなか、いかに「讃岐うどん」以外の「香川」に目を向けてもらうか、そこが「うどん県」の課題といえそうです。

この記事の写真一覧

  • 150528_kagawaken_02
  • 150528_kagawaken_01
  • 150528_kagawaken_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 内容は客観的だが、全く記事内容に関係なくこき下ろすこの記事タイトルは承服できない。うどん県をバカにしているのか。

  2. なんで骨付き鶏やないんだろう…