「いろどり木曽路号」初運行へ 「飯田線秘境駅号」は9月にも運転 JR東海

木曽、伊那、白馬で展開される観光キャンペーンにあわせ、長野〜南木曽間で「いろどり木曽路号」が初めて運転されます。また「飯田線秘境駅号」も、例年とは異なり9月にも運行される予定です。

長野〜南木曽間で快速「いろどり木曽路号」を初運行

 JR東海は2016年6月8日(水)、今夏実施の「Shupo[シュポ]」キャンペーンにあわせ、中央本線や飯田線などで臨時列車運転すると発表しました。

 長野〜南木曽(なぎそ)間では、快速「いろどり木曽路号」がJR東日本と連携して初めて運転されます。妻籠(つまご)宿や奈良井宿といった木曽の宿場町、善光寺や松本城などの観光名所への行に便利といいます。

快速「いろどり木曽路号」に使用される485系電車「いろどり(彩)」のイメージ(写真出典:JR東海)。

 運転日は9月24日(土)と25日(日)。時刻は、上りが長野発8時35分、松本発10時3分、南木曽着11時47分。下りが南木曽発15時5分、松本着16時45分、長野着18時18分です。車両は簡易個室やフリースペースなどが設けられた485系の観光列車「いろどり(彩)」が使用されます。6両編成で全車グリーン車指定席です。乗車には乗車券のほか、指定席グリーン券が必要です。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント