「宝物のSL」をホテルの部屋に 「機関車の街」高崎にデゴイチルーム誕生

JR東日本グループのホテルメトロポリタン高崎に、「D51 498ルーム」がオープン。高崎にとって「宝物」という蒸気機関車、それを体感できるという、細部にまでこだわって作られたその部屋をリポートします。

高崎を拠点にするデゴイチ

 JR東日本グループのホテルメトロポリタン高崎(群馬県高崎市)が、2016年10月1日(土)から「D51 498ルーム」をオープンさせるのに先駆け、「デゴイチ」一色になったその室内を9月24日(土)、報道陣へ公開しました。

160924 d51 01
「D51 498」「鷹取工場」の銘板など、本物のデゴイチが原寸大で表現されている「D51 498ルーム」。眼下には高崎駅をのぞむ(2016年9月、恵 知仁撮影)。

 部屋の名前になった「D51 498」とは、「デゴイチ」の愛称で知られるD51形蒸気機関車の498号機、という意味です。室内は、D51 498が原寸大で壁紙にデザインされているほか、窓からは高崎駅を眺めることが可能。同駅を煙をたなびかせて発車していくD51 498を、この「D51 498ルーム」から楽しむこともできるといいます。

160924 d51 02
JR東日本の高崎車両センターに所属し、高崎〜水上間の「SLみなかみ」などとして運行されるD51形蒸気機関車498号機(2016年9月、恵 知仁撮影)。

 ちなみに、D51 498は1940(昭和15)年、鉄道省の鷹取工場(兵庫県神戸市)で誕生。1972(昭和48)年に一度引退しましたが、1988(昭和63)年に復活したのち、四半世紀以上にわたりJR東日本の高崎支社管内を中心に、「SLみなかみ」といった観光向け列車やイベント列車をけん引してきました。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 東のホテルメトロポリタン高崎
    西の桜ノ宮タワーズホテル