1個がもも肉半分 人気の唐揚げ駅そば、なぜここまで巨大に?

「げんこつそば」とも呼ばれる名物メニュー「唐揚げそば」で、鉄道ファンらに知られる駅の立ち食いそば店があります。その唐揚げのサイズは、丼からはみ出すレベル。なぜそこまで巨大なのでしょうか。背景を聞きました。タッパー持参も“アリ”なようです。

「げんこつそば」とも呼ばれる名物「唐揚げそば」

 1日に1300個から1500個ほどの鶏の唐揚げが、トッピングや単品で注文されるの立ちいそば店があります。JR常磐線の我孫子駅(千葉県我孫子市)に3店舗、天王台駅(同)に1店舗を構える「弥生軒」です。

 一見、どこにでもある立ち食いそば店ですが、多くの客が巨大な唐揚げにかぶりついています。トッピングの唐揚げというと、普通は5cmほどのものを想像しますが、ここで提供されている唐揚げは、1個につき「もも肉の半分」、握りこぶしほどの大きさがあります。

巨大な唐揚げが2個がトッピングされた弥生軒の「唐揚げそば」(2016年10月、太田幸宏撮影)。

 これが2個入った「唐揚げそば」を注文すると、唐揚げが丼からこぼれ落ちそうになります。そばを食べたいときは、“ふた”になっている唐揚げが落ちないよう、下から慎重にほじくり出さなくてはなりません。この「唐揚げそば」、鉄道ファンのあいだでは「げんこつそば」とも呼ばれ、弥生軒の名物として知られています。

この記事の写真一覧

  • 160913_yayoiken_02
  • 160913_yayoiken_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. この店は醤油の強い関東らしいつゆ
    きつねや山菜、ちくわのような油の無い(少ない)トッピングにすると
    ギトギトの唐揚げそばとは違った醤油らしい素直な美味しさ
    それもまたおすすめ

  2. じゅるる

  3. 下品な大きさで食欲減退だわ。
    良くこんなのを食べられるなあ。

  4. 一度食べてみたぁ~ぃ(^^)
    遠方なのでなかなか行けません(+_+)

  5. たまに食べに行きます。衣に一切味付いていないので、2つはチャレンジャーですね。
    唐揚げ持ち帰りもしました。
    1回くらいはどうぞ。後土日の弥生軒は結構混みますので、時間は余裕もっていってください。混雑時はホームのベンチで食うか、店の外で立ち食いになります。

  6. ココ、唐揚げは好きなんだけど、蕎麦の味がどうしても俺の好みに合わない。
    うどんも試したが、さらに俺の好みに合わない。
    俺は唐揚げだけ買ってくしかないみたいw