新バス路線登場 変化する成田空港アクセス

外国人旅行者の著しい増加で、2015年には過去最高の航空利用者数を記録している成田空港。同空港は東京都心とのアクセスが課題のひとつですが、その点についても、2016年10月末に山手線内発着の新たな格安路線バス路線が誕生するなど近年、変化が生じています。

新たに大崎も直通アクセスの拠点に

 2016年10月31日(水)、ウィラーを中心とした3社が、東京都品川区の大崎西口バスターミナルと成田空港、千葉県芝山町とを結ぶ「成田シャトル」の運行を開始。これまで成田空港へ直通する交通手段がなかった大崎が、空港アクセスの新たな拠点となりました。

東京駅と成田空港は直線距離で約57km。羽田空港の約15kmと比べて4倍近い距離がある(国土地理院の地図を加工)。

 成田空港は東京都心部と50km以上離れ、そのアクセスが昔からひとつの課題とされますが、2012年7月のLCC(格安航空会社)国内線の就航と以後の拡大、外国人行者の著しい増加などにともない、ここ数年で、その状況が変化しています。

この記事の写真一覧

  • 161102_naritaaccess_04
  • 161102_naritaaccess_03
  • 161102_naritaaccess_02
  • 161102_naritaaccess_01
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 海外からはJRレールパスが お・と・く
    京成スカイライナーは確かに速いですが京成上野までですから、海外からのお客にはJRレールパスを使って成田エクスプレスで新宿や神奈川まで直行!が便利。

    • そのためかNEXのお客は来日客ばかり。
      武蔵小杉のお客も多いですね。

      副都心サイドや小杉、横浜へ直通というのはやはり武器になりますね。