「一時停止率」長野がやはり全国トップに 「信号機のない横断歩道」でJAFが追加調査

JAFが「信号機のない横断歩道に横断歩行者がいる場合、クルマが一時停止するかどうか」を調査。“一時停止率”は長野県がもっとも高いという結果でしたが、今回その追加調査の結果が発表されました。

9割のクルマが止まらない?

 JAF(日本自動車連盟)は2016年11月10日(木)、信号機がない横断歩道での“一時停止率”調査について、長野県(長野市)内6か所での追加調査結果を発表しました。

 今年8月15日から9月1日までの平日、JAFが各都道府県2か所(計94か所)の道路で、1万26台を対象に「信号機のない横断歩道に横断歩行者がいる場合、クルマが一時停止するかどうか」を調査。その結果、“一時停止率”の全国平均は7.6%だったのに対し、長野県は全国でもっとも高い48.3%でした。

 しかし調査箇所が2か所と少なかったことから今回、さらに長野市内6か所で追加調査を実施。結果、前回と合わせた計8か所平均の“一時停止率”は41.0%で、依然として全国でもっとも高いことがわかりました。

信号機のない横断歩道での車両停止の割合(画像出典:JAF)。

 道路交通法第38条は「車両等は(略)横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない」と定めています。さらに罰則として同法第119条では、第38条の規定に違反した者について「三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する」としています。

 しかしJAFの調査では、全国平均で9割以上のクルマが一時停止せず、もっとも一時停止するクルマの割合が高かった長野県であっても、半数が“通過”するという結果に。JAFは「横断歩道付近に歩行者がいる場合、ドライバーはまず減速し歩行者の動きに注意を払い、歩行者も横断をしようとする際はドライバーに横断する意思表示をする等、お互いに安全に努めましょう」と呼び掛けています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161111_jafodan_01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 運転支援制御の一般化に並行し標識(およじ自動車)にトランスポンダが組み込まれて標識無視による事故が(なくならないまでも)減ることを希望。

  2. 羨ましい限り…。
    駅に向かう道にある横断歩道では歩行者優先をちゃんと守っている車には1ヶ月に1台遭遇するかという悲惨なレベル。(渡るまでに通過する車を1日5台と少なく見積もっても99%以上が守ってない…)
    スピード違反を取り締まるよりよっぽど稼げますよ警察の皆さん(笑)