小田急の駅電光掲示板を腕時計に クラウドファンディングで4種製作

小田急線4駅の“電光掲示板型”腕時計を製作するためのクラウドファンディングが行われています。

1万3800円以上出資で、腕時計を「リターン」

 ヴィレッジヴァンガードウェブドと、デザイン時計を製作するシーホープからなる「小田急の電光掲示板を愛でる会」は2016年11月11日(金)、「小田急電光掲示板型腕時計」を作ろうと、インターネットサイト「CAMPFIRE」においてクラウドファンディングを開始しました。

「小田急電光掲示板型腕時計」の新宿バージョン。ロマンスカーの発車案内板を模している(画像出典:小田急の電光掲示板を愛でる会)。

 これまでも、山手線や中央線、京浜東北線の駅電光掲示板を模した腕時計を製作してきたシーホープ。今回は、インターネット経由で資金を募るクラウドファンディングで、小田急線の新宿、下北沢、町田、藤沢の4駅にある電光掲示板を模した腕時計の製作を実現したいとしています。

 プロジェクトには小田急電鉄も全面協力(商品化許諾済)。「愛でる会」と小田急電鉄の担当者が現地取材し、ともにデザインを検討してきたといいます。クラウドファンディングの期間は12月1日(木)までで、目標金額は100万円。1万3800円以上の出資者にはリターン(返礼)として腕時計が贈られます。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161114_odakyuwatch_01
  • 161114_odakyuwatch_02
1 2

関連記事

最新記事

コメント