会社発足30周年に制服一新 つばめエンブレムを配置 JR九州

JR九州が発足30周年を迎える2017年4月1日、制服を一新。車掌や運転士は黒い生地を基本に金やグレーのパイピングがあしらわれ、つばめのエンブレムが配置されます。

2017年4月に発足30周年を迎えるJR九州

 JR九州は2016年12月5日(月)、社員の制服を一新すると発表しました。

 着用開始日は会社発足30周年を迎える2017年4月1日(土)。制服を新しくすることで、JR九州のイメージアップや社員のモチベーションアップを図り、社業のさらなる発展を目指すといいます。

161205 jrqshinsefuku 01
ダブルジャケット(左2人)は駅長や新幹線車掌らが着用、シングルジャケット(右2人)は駅員や運転士、普通列車車掌らが着用する(写真出典:JR九州)。

 デザイナーは、ロウタスインターナショナルのクリエイティブディレクターである嶋崎隆一郎さん(「崎」の字の右上は「立」)。「無印良品」のメンズデザインを担当したのち、現在は複数のファッションブランドやユニフォームデザインを手掛けているほか、洋裁に関する出版活動や大学講師としての活動も行っています。

 トータルアドバイザーは、これまでJR九州の観光列車を多数デザインしてきたドーンデザイン研究所の代表取締役、水戸岡鋭治さんです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この制服案は以前からデザイナーの方が提案を続けていたものの、なかなか採用されて貰えないと「ぼくはつばめのデザイナー」に書いてありましたね。採用おめでとうございます。