銀座線に特別仕様車登場 車内消灯も再現 「東洋唯一の地下鉄道」時代により近く

1927年の開業当時、「東洋唯一の地下鉄道」と呼ばれた現在の東京メトロ銀座線。そのときの車両をイメージし、内外装に大きく手を加えた特別仕様車両が2017年、銀座線に登場。走行中に車内が暗くなる懐かしい状況も再現されます。

さらに昭和初期に近く

 東京メトロが2017年1月11日(水)、銀座線1000系電車の特別仕様車両を報道陣へ公開しました。

 浅草~渋谷間を結ぶ銀座線の車両は現在2種類ありますが、そのうち1984(昭和59)年にデビューした01系電車は今年度中に運転を終了し、すべての車両が2012(平成24)年にデビューした1000系電車に置き換えられる予定です。この01系にかわって導入される1000系電車のうち、最後の2編成は「特別仕様」とされ、それがこのたび公開されました。

その開業当時の車両がイメージされた銀座線1000系の特別仕様車両(2017年1月11日、恵 知仁撮影)。

 この特別仕様車両は、内外装のデザインが「銀座線が『東洋唯一の地下鉄道』だった時代のものに、さらに近づいている」のがポイントです。日本の地下鉄は1927(昭和2)年に開業した浅草~上野間、すなわち現在の東京メトロ銀座線が始まりとされており、当時、その地下鉄には「東洋唯一の地下鉄道」というキャッチコピーが使われました。

通常仕様の銀座線1000系電車(写真出典:東京メトロ)。

 銀座線の新しいほうの車両である1000系電車は、レモンイエローの車体色など、「東洋唯一の地下鉄道」が誕生した時代に同線を走っていた1000形電車をデザインのモチーフにして、登場しました。このたび姿を現した1000系の特別仕様車両は、内外装がより一層、その「東洋唯一」だった時代の1000形電車に近づけられています。

1 2 3 4 5

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 折角なら、この仕様を標準にしちゃえば良いのに。
    人口減少などなど、単なる交通機関の足としてダケではなくて日常使いのチョットした嗜好を凝らした車両は、慌ただしい日々にホット一息出来そう。

    • 同感。運転士・車掌には大正浪漫な制服の着用も希望。とはいえ通常運行時に消灯すると「防犯上うんたらかんたら」になるんだろうな。