東武31駅にホームドア整備へ 北千住~北越谷間、池袋~志木間は全駅

東武鉄道がホームドアの整備方針を発表。2020年度末までに8駅、2021年度以降さらに23駅に設置されます。

1日利用者数10万人以上の駅などから先行

 東武鉄道は2017年1月12日(木)、ホームドアを2020年度末までに8駅、2021年度以降さらに23駅へ設置すると発表しました。

 現在、ホームドアは東上本線の和光市駅と、東武アーバンパークライン(野田線)の柏駅、船橋駅の3駅に設置済み。東武鉄道は、2016年12月に国土交通省が示した「駅ホームにおける安全性向上のための検討会(中間とりまとめ)」の整備方針に則り、1日の利用者数が10万人以上の駅や、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技会場の最寄り駅となる予定の北越谷駅と朝霞駅などでホームドアを優先的に整備します。

170113 tobuformdoor 01
ホームドア整備計画の概要(画像出典:東武鉄道)。

 さらに2021年度以降は、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の北千住~北越谷間、東上本線の池袋~志木間では全駅にホームドアが設置される予定です。スケジュールと対象の駅は以下のとおり。

●2017年度の整備駅
・東上本線:川越

●2020年度末までの整備駅
・東武スカイツリーライン:押上、北千住(5~7番ホーム)、新越谷、北越谷
・東上本線:池袋、朝霞、志木

●2021年度以降の整備駅
・東武スカイツリーライン:とうきょうスカイツリー、北千住(1~4番と特急ホーム)、小菅、五反野、梅島、西新井、竹ノ塚、谷塚、草加、松原団地、新田、蒲生、越谷
・東武アーバンパークライン:大宮
・東上本線:北池袋、下板橋、大山、中板橋、ときわ台、上板橋、東武練馬、下赤塚、成増、朝霞台

 また、ホームの内外を示す「内方線」が付いた点状ブロックも、2018年度を目標に、1日利用者数1万人以上の99駅に整備するとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 池袋〜和光市間の高架もしくは地下化は絶望
    ということか...

  2. あと、日比谷線直通はワンマン運転化を行う訳か…