都電7000形引退にあわせ、記念デザインバスを運行 電鈴の再現も 東京都交通局

東京都交通局が、都電7000形の引退に際し、同電車のデザインを都営バスにラッピングした「さよなら都電7000形記念バス」を2017年3月に銀座~日本橋間で運行します。

都内を60年以上にわたり走り続けた7000形が引退

 東京都交通局は2017年2月22日(水)、都電荒川線を走る7000形電車の引退に際し、この電車のデザインを都営バスにラッピングした「さよなら都電7000形記念バス」を3月に運行すると発表しました。

170222 toden7000 01
「さよなら都電7000形記念バス」のラッピングイメージ(画像:東京都交通局)。

 都電7000形は1954(昭和29)年に運行を開始。都電1系統(品川駅~上野駅)をはじめ多くの路線で使用されました。その後、都電の系統廃止が進み、1972(昭和47)年11月以降は荒川線で使用されてきましたが、老朽化のため、7000形の運行はこの春をもって終了する予定です。

 ただし8両は、車体や冷暖房装置などはそのままとし、台車や制御装置、座席などは新しいものを導入する大規模改修を行い、7700形として引き続き使用されます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント