嵐電・阪急の西院駅、乗り換えが便利に ホーム移設と新改札口、3月完成

京福電気鉄道嵐山本線(嵐電)の西院駅のホーム移設や、阪急京都線の西院駅の新しい改札口が完成し、2017年3月25日から使用が開始されます。

阪急西院は北・南改札口を新設

 京福電気鉄道と阪急電鉄は2017年2月24日(金)、嵐山本線(嵐電)・西院(さい)駅の新ホームや、阪急京都線・西院(さいいん)駅の新しい改札口を3月25日(土)午前10時から使用すると発表しました。

 2社は「西院地区バリアフリー移動等円滑化基本構想」に基づき、嵐電駅と阪急駅の両方でバリアフリー化工事を進めています。今回、完成するのは嵐電駅のホーム移設と改良、および、阪急駅の北改札口と南改札口です。

新設される阪急の駅改札口やエレベーター、スロープと、接続する嵐電駅ホームのイメージ(画像:京福電気鉄道)。

 嵐電駅では、嵐山方面行きホームが四条通の北側に移設され、阪急駅の北改札口と接続されます。四条大宮方面行きホームは阪急駅南改札口との接続のため、地上階とホーム階をつなぐスロープが整備されます。

 阪急駅では、河原町方面行きホームに北改札口が新設され、嵐電駅の嵐山方面行きホームに接続されます。梅田方面行きホームには南改札口が新設され、嵐電駅の四条大宮方面ホームに接続されます。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ホーム幅も広がるのかな。。。特に河原町方は狭いから。。。
    楽しみです!