夜行高速バスのパイオニア「ムーンライト号」なぜ運行休止? 「はかた号」の先輩

名門夜行高速バス、なぜ休止に? かつてないほど厳しくなった環境

 ところが、バブル崩壊のあたりから、「ムーンライト号」をはじめとする関西~福岡間の夜行高速バスに人気の陰りが見え始めます。1999(平成11)年までに多くの兄弟路線が軒並み廃止されたほか、「ムーンライト号」でもノンストップ便や北九州・筑豊系統が廃止され、大阪~北九州・福岡系統に一本化されます。このころは、不景気による利用客の減少や、事業者側の路線リストラ、山陽新幹線や航空機の利便性向上、航空運賃自由化が始まった時期とも重なりましたが、それでも路線としては何とか持ちこたえてはいました。

170307 moonlight 03
西鉄「ムーンライト号」3代目専用車両の最終型。繁忙期には「はかた号」続行便として東京まで乗り入れていた(画像:須田浩司)。

 この状況に追い打ちをかけたのが、旧高速ツアーバスの台頭と、Peach(ピーチ)をはじめとするLCC(格安航空会社)の登場です。当時、片道1万円であった「ムーンライト号」の半額近くで移動できた旧高速ツアーバスやLCCのインパクトは大きく、若者を中心に利用者が旧高速ツアーバスやLCCに流れてしまいました。さらに、ここ数年来の山陽新幹線における格安きっぷの投入や、瀬戸内海を経由して北九州と関西を結ぶフェリーの台頭(パック商品や新造船の投入)など、「ムーンライト号」を取り巻く環境はかつてないほどの厳しさになっています。

「ムーンライト号」を運行する阪急観光バスと西鉄も、神戸三ノ宮やUSJへの停車、京都への延長、カレンダー制運賃の導入などといった対抗策を講じましたが、厳しい収支を改善するには至らず、このたびの運行休止という判断に至ったそうです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 夜行バスはやはり対東京の需要が突出している。ただそれだけ。

    • だからって、今回の休止とは何ら関係ない。

  2. あくまでも“休止”であると信じたい。

    そして、次に復活する時は夜行バスを運行する全事業者が倣うであろうものを引っ提げてきてくれるものと信じて。

  3. この記事の「1983(昭和58)年3月24日に阪急バス(現・阪急観光バス)と西日本鉄道(以下、西鉄)が」のところがおかしい。阪急観光バスは阪急バスの社名を変更したとか、そういうニュアンスの文になっている。もともと阪急バスが運行していた路線を、子会社の阪急観光バスに移管したのが正解。この記者はちゃんと調べたのか?

  4. 結局ツアーバス上がりの「新高速バス」に押されたって事でしょ。
    そりゃ人件費削って会社によっては中古車持ってくるんだからコストじゃ勝てませんわ。
    かといってコストに見合う運賃取ったら夜行列車が衰退したように新幹線あるいは飛行機+ホテルの方が割安感が出てくる。
    貸切で適正運賃を取ろうとする事業者や鉄道系事業者じゃ高速バスは維持できなくなったって事。
    まぁ関西対関東でもこの条件なら悉く廃止されてますけどね。

  5. JR北海道バスが女性専用バスを止めたのは利用が少ないから、導入する理由は立派でも止める理由はこんなもん!しかし一定評価された路線の中止は新規参入か止まる所を知らない排ガス規制か?