JAC、新型機ATR42-600「エコ・プロップジェット」披露 追い風吹く奄美の「戦略機材」に

JALグループのJACが新型機ATR42-600をお披露目。最新型のターボプロップ機である同機は、どんな特徴を持っているのでしょうか。同社の社長は「追い風が吹く奄美の戦略機材」と話します。

ATR機導入は、日本では2社目で2機目

 JAL(日本航空)グループで、鹿児島県の離島などに路線網をもつJAC(日本エアコミューター)が2017年3月10日(金)、新たに導入するATR42-600型機のお披露目式を、拠点を置く鹿児島空港で実施しました。

170310 jac 01
ATR42-600型機のお披露目式では、白い機体をスクリーンに見立て、同機の紹介などが行われた(2017年3月10日、恵 知仁撮影)。

 ATR社は、フランス・エアバスグループとイタリア・レオナルドの共同事業体として設立されたリージョナル航空機メーカーで、日本の航空会社が同社の機体を導入するのは、熊本県の天草エアライン(2016年営業運航開始)に続きJACが2社目で2機目。JACはATR42-600型機を、今回お披露目された初号機と合わせて9機、購入する計画です。

 このATR42-600型機についてJACの加藤洋樹社長は燃費、騒音、CO2の排出量など環境性能が優れており、「エコ・プロップジェット」と呼ばれている機体で、滑走路が短い空港の路線を有する同社に最適であると、また奄美群島国立公園の島々を結ぶJAC、そうした美しい日本の島々の環境保全にも、この「エコ・プロップジェット」は役立つと話します。燃費が良く、運行コストが低いのも特徴だそうです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ATRは欧州でよく乗りましたが、DHC8の方が快適でした。
    後ろから乗り込むのですが、閉じ込められた感がハンパありません。
    コックピットと客室が貨物室となってる為です。離島の物資運搬とハイジャック防止には良いのですが、荷物も出世したな?って思いました。
    翼が上についてるのでサーブ340よりは窓からの眺めは良いでしょう。