広島電鉄、運賃20円値上げへ 市内線、宮島線ともに改定

広島電鉄が旅客運賃の上限変更認可申請を中国運輸局にて行いました。市内線、宮島線ともに、普通運賃が現行より20円上がる見通しです。

定期運賃も値上げ

 広島電鉄は2017年3月24日(金)、旅客運賃の上限変更認可申請を国土交通省の中国運輸局にて行ったと発表しました。

 広島市内を運行する軌道(路面電車)の「市内線」19.0kmと、広電西広島~広電宮島口間を結ぶ鉄道の「宮島線」16.1kmがありますが、対象は両方です。

170327 hirodenfare 01
広島電鉄で使用されている超低床車両の5100形電車「Green mover max」(画像:photolibrary)。

 普通運賃は、市内線の場合、現行より20円高い180円(白島線は130円)に。宮島線も20円アップして、たとえば3キロまでは現行120円が140円に、14キロを超え17キロまでは210円が230円になる見通しです。

 定期運賃は現行と割引率は変わりませんが、普通運賃の値上げにともない金額自体は上がります。市内線(白島線以外の区間)の通勤は、現行6340円が7130円に(大人1か月。以下同)、通学は4710円が5300円に。宮島線は、たとえば3キロまでの通勤は4320円が5040円に、通学は2880円が3360円になります。申請が認められれば、運賃は8月1日(火)に改定される予定です。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この機会に現金払いについては、大幅な値上げを行い、利用客の殆どがIC利用になる様な仕組みにしても良いと思います。

    電停に停車する時間が短縮される分、他の交通機関に対する競争力も増えると思います。
    併せて、ドライバーも右折時に軌道敷地内で止まらない。
    そうするだけでも、広電の応援になるとは思います。