「ETC2.0」、何ができる? 導入には数万円 料金支払いだけでないメリットは?

「ETC2.0」は、高速道路料金の支払い機能だけでなく、さまざまな情報が提供されたり、一部の路線で料金が割引になったりします。そのサービスはどのようなもので、サービスを受けるにはどうしたらいいのでしょうか。

運転支援サービスが受けられる

「ETC2.0」は、従来のETCと何が違うのでしょうか。

高速道路料金所におけるETCレーンのイメージ。「ETC2.0」には、料金支払いだけにとどまらないさまざまな機能がある(画像:写真AC)。

 大きな特徴は、従来のETCが高速道路の料金支払いのみに特化していたのに対し、「ETC2.0」ではカーナビやスマートフォン、あるいは「ETC2.0」車載器の発話機能を通じ、渋滞回避支援や安全運転支援といった運転支援サービスが受けられることです。

 これらの情報は、全国の高速道路および一般道路上約1600か所に設置されている「ITSスポット」と呼ばれる装置から、クルマに自動的に送信されます。たとえば、行く先に渋滞がある場合に、それを回避するルート案内が提供されます。

最大1000kmぶんの道路交通情報から最適ルート提示

 カーナビなどに提供されている「VICS」(道路交通情報通信システム)の渋滞情報はこれまで、都道府県単位の情報しか受信できなかったため、都道府県境をまたぐルート検索で目的地付近の渋滞情報が反映されないことがありました。しかし、この「VICS」情報の伝達方法に「ITSスポット」が加わったことで、「ETC2.0」対応車には最大でおよそ1000kmぶんの道路交通情報が提供されるようになりました。より広域な道路網のなかから最適なルートが割り出されるほか、渋滞回避ルートの簡易図、道路上から撮影した渋滞箇所の状況画像なども表示されます。

「ETC2.0」対応機には、渋滞情報や運転を支援するための情報が音と画像で提供される(画像:国土交通省)。

 前方の事故多発地点や急カーブ、落下物などの存在も画像と音声で伝えられるほか、高速道路を走行しているあいだに災害が発生した場合には、そのとき取るべき行動や、通行可能なルートなどが案内されます。また、高速道路SAや「道の」に設置されている「ITSスポット」付近では、周辺の観光情報なども提供されます。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ネット回線で通信した方が効率いい

  2. システムが発展していくのは当たり前・良い事だと思うが、既存システムユーザーを完全切り捨ての政策はあり得ない。従来方式ETCが標準装備の車両を購入したばかりのユーザーは3~4年後は高速での渋滞情報が得られないとは・・・。テレビの地デジ化移行期間のように、アナログテレビのままに受信出来る「単体地デジチューナー」のように、既存ETCに追加アダプターなどでETC2.0化出来る方策を研究すべき!