「サンリオピューロランド号」第2弾デビュー キティ、ぐでたまらがお祝い 京王バス南

2017年7月7日、京王バス南の多摩地区~成田空港線で、「サンリオピューロランド号」の運行が始まりました。

お披露目会にハローキティらが参加

 京王バス南とサンリオエンターテイメントは2017年7月7日(金)、サンリオのキャラクターがラッピングされた「サンリオピューロランド号」第2弾の運行を開始しました。

 第1弾の車両は2016年12月から多摩地区~羽田空港線で運行。今回の第2弾は多摩地区~成田空港線に導入されました。

 運行に先駆け開かれたお披露目会では、ハローキティとマイメロディが京王電鉄バス常務取締役運輸営業部長の立石 努さんに記念パネルを贈呈。また、撮影エリアにはぐでたまも駆け付け、成田空港から国内外へ飛び立つ飛行機を背にみんなで祝福しました。

2017年7月7日から運行を開始した「サンリオピューロランド号」。ハローキティとマイメロディ、ぐでたまと記念撮影(画像:京王バス南)。

 車体は、シナモロール15周年にあわせてイメージカラーのブルーが基調色とされ、そこにサンリオの14キャラクターが配置されています。車内も装飾が施され、バス停案内放送や降車ブザー音には、ハローキティの声が流れます。

 車両は南大沢営業所に配属され、南大沢・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅~成田空港線で使用。南大沢駅4時50分発、13時00分発と成田空港9時10分発、16時45分発の1日2往復で運行されます。運賃はほかの通常車両と同額で、南大沢駅発は3500円、京王多摩センター駅と聖蹟桜ヶ丘駅発は3400円です(いずれも子供半額)。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ドライバーは普通だね、