H100形電気式ディーゼルカー導入へ キハ40形を置き換え JR北海道

2018年2月、JR北海道がH100形電気式ディーゼルカー「DECMO」の量産先行車を導入します。

寒冷地仕様の電気式ディーゼルカー

 JR北海道は2017年7月12日(水)、おもに普通列車に使う新型ディーゼルカーの試作車(量産先行車)を2018年2月に導入する予定であることを発表しました。

 車両形式はH100形。愛称は「Diesel Electric Car with MOtors」(モーターで走る電気式ディーゼルカー)を略した「DECMO」(デクモ)です。ディーゼルエンジンの動力で発電した電力によりモーターを回し、走行します。

170712 jrhh100 01
H100形電気式ディーゼルカー「DECMO」の外観イメージ(画像:JR北海道)。

 基本仕様はJR東日本が開発したGV-E400系電気式ディーゼルカーと共通。H100形はこれに北海道の寒冷地仕様が加わります。最高運転速度は100km/hです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170712 jrhh100 03
  • Thumbnail 170712 jrhh100 01
  • Thumbnail 170712 jrhh100 02

関連記事

最新記事

コメント

Leave a Reply to 稲美弥彦 Cancel reply

8件のコメント

  1. 消耗部品等の維持整備は本当の本当に大丈夫なんでしょうね。JR東日本みたいに無意味な多車種少数生産とか納期や価格に不安がある外国製部品では支えきれないんですからね。ただでさえも線路補修費用すら捻出できないJR北海道の車両には、安くて修理しやすく壊れにくい、あえて危険な表現をすれば旧ソ連製ライフル銃並の頑丈さと確実さが必要なんですからね。

    • あのね、皆勤賞で出陣してくれるのはいいんだけど、少し微調整効かせて角度を変えて見てみたら?せっかく的を獲てももったいないぞ、

  2. バッテリーを無くす=踏面ブレーキだけって事ね。なるほど。長距離の勾配区間が無い路線のみの運用前提なら問題無いですね。ブレーキ力を強化したい場合には従台車にディスクブレーキを追設して、電気ブレーキを付加したい場合には屋根上に抵抗器を設置する前提でしょうし、燃料・電力使用量が増えても、ブレーキ用抵抗器の利用・保守費用も含めて、バッテリーの利用・保守費用よりかは安くつくとの計算もあるのでしょう。

  3. 最近の北海道を考えると、冷房が付くというのは結構ありがたいかも知れないね
    そうか、トイレも今までは無かったんだ・・・
    大都市圏と違って、途中下車で駅のトイレ使ったら後続列車が○時間後とかだと困るもんねえ

  4. 他の人も仰っている様に、夏は35℃、冬は-30℃ほどと温度差65℃の環境で、電子部品の耐久性はどの位有るのだろう?

    特に大寒波襲来して立ち往生した際に、車内の乗客の命に関わる様な事は無い事をお願いしたい。
    (その為にも2シーズン確認する試験は厳密にお願いします。)

  5. ローカル線こそ、転換クロスやトイレが必要だと思う。
    JR東日本みたいに地方路線でもトイレなし、ロングシートは論外だからトイレ付き、転換クロスは地方のローカル線では最低条件にした方が良い。
    現に大阪や名古屋でも導入しているし、ローカル線は大阪や名古屋より乗客が少ないから問題無いはず?

    • 路線バス同様通学時間帯だけ混み合う状況でしょうから、むやみに転換クロス化して車両数を増備する羽目になるよりはロングシート化して立席定員を増やした方が(短編成でも詰め込める分)経営的には良いでしょうね。
      普段使う側としても下手に相席にされるよりはロングシートの方がよかったりしますし。旅情もへったくれもないといわれればそれまでですが、その路線をだれ向けにするかによって答えは変わるでしょうね。

      ちなみにトイレもないというのは久留里線でしょうか。あそこは別の事情が絡んでいる気がしますが…

  6. JR北海道の列車もJR東日本と共通化していくみたいだね。電気モーター駆動だから乗り心地も良くなるかもしれない。座席は、セミクロスシートになるみたいだからクロスシートに座るほうが旅気分にもなれるように作られるから鉄道旅行で乗ってみたいです。2018年ぐらいに導入されるから鉄道旅行で北海道に行っている時に見て、乗ってみたい列車です。また寒冷地仕様になるからドアは半自動ドアになると思う。デッキ付きの車両だと普通列車って感じがしないのでデッキなしの片開きドアの押しボタン式の半自動ドアになるほうが普通列車と快速列車には、向いている気がします。