日比谷線の「珍事」なぜ起きた? 車内放送で突如クラシック音楽、40分

日比谷線車内で今後、音楽が流れる予定は…?

――24日に発生した「不具合」の理由は何だったのでしょうか。

 通常運転の設定で営業運転をすべきところを、イベント運転の設定としていたことが、音楽が流れた理由です。安全上の問題はなかったのですが、音楽の放送機能は使用したことがなかったこともあり、そのときは音楽を止めるのに時間を要してしまいました。

――今後、車内で音楽を流す機会はあるのでしょうか?

 通常の営業運転時に音楽を放送することは想定しておらず、また、音楽を流すようなイベントも現時点では予定しておりません。しかし今後、検討する可能性はございます。

※ ※ ※

 ちなみに、日比谷線の13000系電車と仕様上で共通点の多い東武鉄道の70000系電車は、「音楽の放送機能は搭載されていない」(東武鉄道広報部)とのことです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

15件のコメント

  1. なーんでそんな普段の営業では使わない機能、わざわざ基本設定に組み込んだりしたんですかね。どうしてもやりたければメモリーカードなんかの後付けにすればよいでしょうに。以降の量産車ではその機能撤去でお願いしますよ。

    • どうして撤去の必要が有るんだよ。

    • ソフトウェアだったらそんな機能組み込むのに対して苦労もしねえしコストも掛からねえよ。
      メモリカードなんかにするほうがよっぽど無駄遣いだ。

    • なら、せめて乗務員で簡単に起動、停止が出来る設定に変えてはほしい。

    • 選曲は難しいね。
      世の中広いから、まるめぐぷうさんみたいにクラシック苦手な人もいるからね。

  2. なかなか粋な装置だねえ。
    あとの4曲が何なのか気になる。
    有名曲ならウケも悪くないんじゃないかな。
    日比谷線は比較的乗客の平均年齢が高そうだから、好評をもって受け入れられるだろう。

  3. 安全とかくだらねえこと言ってずに、音楽くらいフダンカラ流しておけよ。

  4. 静かな曲調の音楽には鎮静効果があると言われているので、ラッシュ時のイライラが原因のトラブル対策に音楽を流すのも一つの解決手段だと思いますけどね。

  5. 昭和末期の頃、京阪バスが一般路線でBGMを流してた時期かありました。ふそうの初期のエアロスターで
    ・・・・。

  6. 地下鉄は特に騒音が大きくて困難だろうけど、鉄道・バスの公共交通機関で常時車内に小さくクラシックを流す事って昔から好ましく思っていたのだが・・・今回は残念ながら想定外の事故ですか?
    ラウンジとかで邪魔にならない程度の音量でクラシック音楽がBGMとして流れている事も多く、個人的にはクラシックは好きではなかったが自然と心が落ち着くものだった。

  7. 洒落た機能ですが、通常の営業運転では使わない方が良いかもしれませんね。

    この車両で流れた音楽は心を落ち着かせるものかもしれませんが、それを流す空間があまりにも「普段使い」すぎると
    その音楽と(往々にして憂鬱な)日常が紐づけられてしまい、「優雅なクラシックを聴くと憂鬱な通勤が想起されていやな気持ちになる」なんてことも起こりえますし。

    仮に常時流すなら、他の場所で聴くことのないであろう完全なオリジナル曲とかなら……と思います。

  8. 「 【写真】音楽は流れない従来の日比谷線車両 」

    この画像、いらないと思うんだが・・・w

  9. 単に不慣れの操作ミスでは? 日頃、使わないメニューの階層深いところにON/OFFがあったのでは?