重機操作ロボ、人型のワケは「インパクト」? ロボ好き発案 地球の裏から遠隔操作も

危険がともなう建設現場において建設機械の遠隔操作は広く行われていますが、それを「人型ロボット」で実現したメーカーがあります。少年の心をくすぐるコックピットも。しかし、なぜ人型なのでしょうか。

危険地域での建設作業に人型ロボ出動!

 建設機械レンタル大手のカナモト(札幌市中央区)が、ロボット事業を手掛ける「アスラテック」(港区六本木)らと共同で、油圧ショベルを操縦する人型ロボット「DOKA ROBO 3」を開発しました。2017年9月下旬から本格的なレンタルを開始するといいます。

「DOKA ROBO 3」は、2014年に開発された「DOKA ROBO」シリーズの最新形で、オペレータがコントローラを使って、油圧ショベルに搭載された「DOKA ROBO 3」を遠隔操縦することで、建設作業を行います。遠隔操縦で建設機械を動かすロボット製品はこれまでにも存在していましたが、双腕双脚の人型を採用しているのは、カナモトのみとのこと。同社 ニュープロダクツ室に話を聞きました。

170731 hitogata 01
運転席に設置された「DOKA ROBO 3」。胸部カメラの映像などがコントローラのディスプレイに映し出される(画像:カナモト)。

――なぜ「DOKA ROBO」シリーズを開発したのでしょうか?

 崖近くの道路工事や、山中での鉄塔の取り付け工事などの、危険地域での作業に特化した製品を作ろうと思いました。遠隔操縦が必要な危険地域は、工事現場全体のわずか数%程度です。当社では大手建設機械メーカーが注力しない、そのようなニッチな現場向けの製品づくりを、建設機械レンタル会社として行うことで、レンタル先の企業様への付加価値としてアピールしようと考えました。

――「DOKA ROBO 3」は、これまでのシリーズと比べて、どのように進化したのでしょうか?

 強化した点はふたつあります。ひとつめは人型ロボットの性能向上、ふたつめはロボットを操縦するコクピット型コントローラの採用です。まず人型ロボットの性能向上ですが、回転速度などを制御するサーボモーターを強化したことで、旧シリーズの製品と比べて、腕や脚の回転力が2倍になり、ショベルのコクピット内の機器をよりスムーズに動かせるようにしました。動力も油圧ショベル本体のバッテリーを使っているため、ロボットのみがバッテリー切れすることはありません。

 また旧シリーズは、プロポ(送信機)型コントローラを使ってロボットの操縦を行っていましたが、オペレータが普段から使い慣れている油圧ショベルに似た環境を再現すれば、彼らが本来持つ操縦技術を存分に発揮できるのではと考え、コクピット型コントローラを採用しました。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170731 hitogata 03
  • Thumbnail 170731 hitogata 01
  • Thumbnail 170731 hitogata 02

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. カナモトも凄い物作りましたな、

  2. なんというか・・・重機運転ロボか。確かにこれならどんな重機も簡単に遠隔操縦に出来そうだし、将来的に人工知能つければ重機オペレータ不足には対応できそうだし、いろんな応用は考えられるけど(一例、長距離トラック運転など)。多分誰も考え付かなかった、逆転の発想。死角と稼働時間の問題はあるにしても、夢が膨らむ機械ですね。

    • このように重機は足を使う操作もあるので人型なら更に有効だし、未だクラッチペダル主流なトラックも視野に入るしヘリだって可能かも?今そこにある物が人型ロボットであることで遠隔に操作可能なことに意義がありますね

    • ロボットがタイムカードを打刻する日がきたりしてね、

  3. 正月番組で賀正とか重機の先に筆付けて書いた繊細な動きには脱帽しましたよ!卵だって割れるほど微調整の効く力持ちだそうですよ、遠隔操作で更に行動範囲が広がれば世間で知られる重機の見方も変わるでしょう、

  4. アンドロイドが人型である合理性については、士郎正宗が『ブラックマジック』所収のコラムで「人間が使う道具を使うことができる」という理由を述べている。……作業環境が限定されているいう点からは、稼働ソフトを換装するだけの重機がクルマよりも先に完全自動化するに違いない。