レーザー兵器がいよいよ実用化へ? 米空軍、目標は2020年 その理想と現実とは

かつては「ジャンボジェット」も

 また、開発中止となってしまいましたが、「ジャンボジェット」に大型の赤外線化学レーザーを搭載したAL-1は実用化寸前にまで達しています。AL-1の赤外線化学レーザーはAC-130のそれと比べて10倍以上のメガワットクラスの出力を誇り、その射程は数百kmに達し、計画では主に上昇加速(ブースト)段階の弾道ミサイルに対する用途で運用されるはずでした。もしAL-1が実用化されていたならば、昨今の北朝鮮によるミサイル開発に呼応し、在日米軍基地に常駐していたかもしれません。

 近年、レーザーや高出力マイクロ波といった光速度兵器(ライトスピードウェポン)の開発が世界中で加速しており、いよいよ実用化が目前となりつつあります。また垂直離着陸型F-35B「ライトニングII」のリフトファンを撤去し、100~200キロワット級の固体赤外線レーザーを搭載する計画案も存在します。

 AC-130J「レーザーガンシップ」は試験の推移と予算の獲得が順調であれば、史上初のレーザー搭載実用航空機となるかもしれません。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 兵器は破壊できないが人間を失明させることは充分に可能。