「ありがとう大阪環状線103系弁当」発売 淡路屋売店などで JR西日本

「ありがとう大阪環状線103系弁当」が発売。JR大阪環状線から引退した103系電車を記念した特製駅弁です。

大阪環状線が走るエリアをイメージ

 JR西日本と、駅弁などを手がける淡路屋は2017年10月3日(火)から、「ありがとう大阪環状線103系弁当」を発売しています。

171004 103kei 01
「ありがとう大阪環状線103系弁当」の外箱(画像:JR西日本)。

 1969(昭和44)年から約48年間大阪環状線を走り続け、3日に引退した103系電車を記念した特製駅弁。12月31日(日)までの発売で、価格は1100円(税込)です。弁当の中身は、大阪環状線が走るエリアをイメージしています。詳細は、次のとおりです。

●発売場所
アントレマルシェ大阪店、淡路屋売店(新神戸駅、神戸駅、西明石駅)、ほか
●中身
鶴橋焼き肉風牛肉、ボイルキャベツ、糸唐辛子、トンテキ、菜の花ごま油炒め、煮玉子、かやく御飯、青のり、紅しょうが、大阪寿司風ちらし寿司(玉子、えび、がり)、たこ焼き、串カツ、焼きそば、たこウインナー、煮物(いも、たこ、なんきん)、いんげん

 JR西日本グループは2013年度から「大阪環状線改造プロジェクト」をスタート。大阪環状線のイメージアップなどを図るため、これまでにさまざまな施策を展開しています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171004 103kei 02
  • Thumbnail 171004 103kei 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. どうにかして800円以内で販売できないものなんでしょうか。お弁当に1000円超の出費は痛いです。
    鉄道文化の応援をするためにも駅弁を買うべきとは思いつつも財布がそれを許さず駅の外でコンビニ弁当を求めてから列車に乗ること度々です。