【試乗】ホンダ「ステップワゴンSPADA」 大幅改良でどう変わった?(写真30枚)

ホンダ「ステップワゴン」が2017年9月、ビッグマイナーチェンジし発売されました。なかでも「SPADA」は外観を変え、ハイブリッドモデルも登場。どのように仕上がっているのでしょうか。

時代のニーズに対応、ハイブリッドモデルも追加

 ホンダの主力ミドル級ミニバンである「ステップワゴン」が、登場からおよそ2年という短いスパンでビッグマイナーチェンジを行いました。

171101 stepwgn 01
ビッグマイナーチェンジされた「ステップワゴン」。写真は「SPADA HYBRID G・EX」(2017年10月11日、奥村純一撮影)。

 とはいえ、もともと走りの質感が高かった「ステップワゴン」だけに、現行モデルの改良というよりは「時代のニーズへの素早い対応」というのが今回のテーマ。

 具体的に変更されたのは、「外観」と「パワートレイン」のふたつで、いまや「ステップワゴン」の販売の8割を占めるスタイリッシュモデル「SPADA(スパーダ)」のデザイン刷新と、ふたつのモーターがエンジンをアシストする「SPORT HYBRID i-MMD(スポーツ ハイブリッド アイ エムエムディ)」搭載グレードが新たに設定されました。

171101 stepwgn 02 171101 stepwgn 03 171101 stepwgn 04
「HYBRID G・EX」の外観。ボディ各所に「HYBRID」のエンブレムを掲げる(2017年10月11日、奥村純一撮影)。

 人気グレードである「SPADA」のテーマは「よりダイナミックに」。5ナンバーサイズにすっきり収まるデザインをよりワイドに見せることで、存在感を高めることが今回の目的だったようです。

 そのために「ステップワゴン」の開発陣は、ヘッドライトのLED化によってエッジの効いたデザインを与え、グリルは幅広く厚みを持たせたデザインへと、フロントフェイス全体で“突進感”を表現したそうです。

ホンダ ステップワゴンの中古車情報

Uz0022981417 001l

排気量
1500cc~2400cc
価格帯
5000円~388.3万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(30枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171101 stepwgn 17
  • Thumbnail 171101 stepwgn 18
  • Thumbnail 171101 stepwgn 19
  • Thumbnail 171101 stepwgn 20
  • Thumbnail 171101 stepwgn 21
  • Thumbnail 171101 stepwgn 22
  • Thumbnail 171101 stepwgn 23
  • Thumbnail 171101 stepwgn 24
  • Thumbnail 171101 stepwgn 25
  • Thumbnail 171101 stepwgn 26
  • Thumbnail 171101 stepwgn 27
  • Thumbnail 171101 stepwgn 28
  • Thumbnail 171101 stepwgn 29
  • Thumbnail 171101 stepwgn 30
  • Thumbnail 171101 stepwgn 01
  • Thumbnail 171101 stepwgn 02
  • Thumbnail 171101 stepwgn 03
  • Thumbnail 171101 stepwgn 04
  • Thumbnail 171101 stepwgn 05
  • Thumbnail 171101 stepwgn 06
  • Thumbnail 171101 stepwgn 07
  • Thumbnail 171101 stepwgn 08
  • Thumbnail 171101 stepwgn 09
  • Thumbnail 171101 stepwgn 10
  • Thumbnail 171101 stepwgn 11
  • Thumbnail 171101 stepwgn 12
  • Thumbnail 171101 stepwgn 13
  • Thumbnail 171101 stepwgn 14
  • Thumbnail 171101 stepwgn 15
  • Thumbnail 171101 stepwgn 16

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. この山田弘樹、もっとi-MMDの構造勉強してレポートして欲しい。
    トンチンカンな事書いてると、誰からも信用されなくなる思う。

  2. このジャーナリストを名乗る人物はこの車の事を何にも知らず、自分の思い込みだけで記事を書いているのですね。また、ここの編集部の人はこんな記事をそのまま載せてしまうなんてふし穴もいいところですね。ガッカリです。

  3. ステップワゴンハイブリッドの3番目の記載事項がi-MMDではなくてi-DCDのシステムになっています。
    間違った情報なのでしっかり勉強してほしい。

  4. 現行RP3前期型 Cool Spirit乗りです。
    ライターの記述間違いは置いておいて、
    元々、現行ステップワゴンの商品力は高かったのですが、
    ハイブリッドモデルがラインアップされていなかったのと、スタイリングが良くない、
    価格が少々お高めだった為市場から敬遠されておりました。
    1.5 Lターボは街乗りで必要十分なパワー、リアエアコンON、多人数乗車だと
    燃費がやや劣るものの、エアコンOFF、少人数乗車であれば燃費はJC08数値超えもザラでした。
    サスもファミリーユースであれば、少々硬めかもしれませんが、自分は丁度いい硬さであり
    路面との追従もしなやかでした。
    今回、ハイブリッド追加により、Hybrid G-EX(RP6)に乗り換える事にしましたが
    世間が悪評するほど悪い車ではなかったですよ。

  5. 「[11月9日18時追記]一部表現を修正・追記いたしました。」
    とあるが、元々の記事がハイブリッドの構造が判って無くて書いて有るので、その一部だけ修正しても
    全然修正しきれていない。
    こんな恥ずかしい記事は早急に削除した方が、このジャーナリストの為だと思うけどね。