知られざるロールス・ロイスとは 高級車の代名詞は航空エンジンの名門!

日本で「ロールス・ロイス」といえば高級車の代名詞として広く知られていますが、現在の同社は名実ともに世界3大航空エンジンメーカーの一角です。クルマではないほうのロールス・ロイスには、どのような歴史があるのでしょうか。

「ロールス・ロイス」といえば高級車の代名詞だけど…?

 エアバスが、シーメンス(ドイツ)およびロールス・ロイス(イギリス)と共同でハイブリッド電気飛行機を開発すると、2017年11月28日に発表しました。ロールス・ロイスはターボシャフトエンジンやジェネレーター、パワーエレクトロニクスなどの開発を担当することになります。

Large 171230 rr 01
ロールス・ロイスを代表する高級車「ファントム」の最新型。現在の自動車部門はBMWの子会社が製造と販売を行っている(画像:ロールス・ロイス・モーターカーズ)。

「ロールス・ロイス」というと、高級自動車ブランドのイメージが強いのですが、実は現在のロールス・ロイスは、アメリカのGEやプラット・アンド・ホイットニーと並ぶ航空機エンジンの世界3大メーカーのひとつとして知られています。

 高級車として有名なロールス・ロイスの自動車部門は、民営化にともない航空機エンジン部門と切り離され、現在はBMWの子会社が製造と販売を行っています。

 1906(明治39)年に創立されたロールス・ロイス社は、高級乗用車「シルヴァーゴースト」の成功でその名を知られていました。航空機用エンジンの開発は、第一次世界大戦中に自動車のエンジンを航空機用に転用できないかと考えたイギリス軍が開発を持ちかけたことでスタートします。その後、イギリス陸軍航空隊の複葉機ブリストルF.2に採用されたV型12気筒の「ファルコン」など、優れた液冷エンジンを開発しロールス・ロイスはレシプロエンジンのメーカーとして飛躍します。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171230 rr 07
  • Thumbnail 171230 rr 01
  • Thumbnail 171230 rr 02
  • Thumbnail 171230 rr 03
  • Thumbnail 171230 rr 04
  • Thumbnail 171230 rr 05
  • Thumbnail 171230 rr 06

関連記事

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. ついでに。航空機転用形船舶用ガスタービンを開発、日本を含め多数の国で採用されています。また、社名の由来は二人の創業者にちなみ、ロゴは当初は赤色、のちに創業者の一人が亡くなってからは黒色に変更しています。

  2. オートバイの話になりますが、わたしが16歳の頃、ヤマハのRZ-50に載っていました。
    この頃から、働くようになってこのオートバイは、通勤の足として使っていました。
    当時はまだ、ノーヘルで50CCに乗れる時代でした。

  3. 長いな、賞味できる記事がいい

  4. 実際の所、RRもBMWと合弁で航空機エンジンを作っていた事もあるけどこちらではその事は黒歴史化しているだよな。

    やがて自動車はRRはBMWにベントレーはVWは流れてしまったからな。

    • バトルオブブリテン、スピットファイヤ対フォッケヴルフの組合わせ。

  5. 現在の自動車メーカーは、ひこーきと関係してた所が結構ある。

    サーブやスバル(⬅中島飛行機)はもともと航空機メーカーだし、エンジンならRR以外にもDBやBMWのドイツ勢、GM、FIAT、ルノーなどなど。
    あ、今はホンダもそうか。

  6. 誤記発見。

    ハリアーの所の「STOVL(垂直離着陸)機」表記、英語と日本語が合ってない。正しくは、
    ・STOVL(Short Take Off / Vertical Landing)=短距離離陸垂直着陸
    ・VTOL(Vertical Take Off and Landing)=垂直離着陸

    実際はVTOL機をSTOVL運用すると都合が良い(燃料消費量や弾薬搭載量などで)様で、VTOL機のハリアーはSTOVL運用が主だし、STOVL機とされるF35Bも垂直離陸可能なはずではある。

    • ご指摘ありがとうございます。訂正いたしました。