「道路率」名古屋が1位のワケ そもそも高いとどんなメリットがあるのか

「道路率」は、国や都市などの道路の整備割合を表す数値。日本の政令指定都市のなかでは名古屋市がトップです。名古屋市の道路率はなぜ高いのでしょうか。また、それが高いことでどんなメリットがあるのでしょうか。

生活や経済だけでなく、防災面でも有利

 ある地域の面積に占める道路の割合を表す指標として「道路率」というものがあります。日本の政令指定都市のなかでは名古屋市が18.34%でトップです。

●政令指定都市の道路率トップ10(2017年、名古屋市緑政土木局の資料から作成。東京23区と大阪、川崎、さいたま、千葉の各市は2016年の数値)

1位:名古屋市  18.34%
2位:東京23区  16.41%
3位:大阪市   14.93%
4位:横浜市   12.49%
5位:堺市    12.39%
6位:川崎市   12.24%
7位:さいたま市 11.10%
8位:千葉市   9.46%
9位:福岡市   9.16%
10位:神戸市   7.47%

Large 180215 douroritsu 01.jpg
名古屋城(画像:photolibrary)。

 道路率が高いと、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、名古屋市の道路率が政令市でトップである理由は何なのでしょうか。名古屋市住宅都市局に聞きました。

――道路率が高いと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 道路率が高いということは、道路の整備が進んでいることを表します。交通面で市民の生活がより便利になり、経済発展においても有利になりますが、防災面でのメリットも大きいのです。救急出動や災害救助においても、救急車や消防車などが現場に早く到着することができますし、十分な道幅が確保されていれば、火災が発生しても延焼を遮断できます。地震などの大規模災害が発生した場合にも、建物の倒壊による道路への影響を軽減でき、避難や救助がやりやすくなります。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180215 douroritsu 02
  • Thumbnail 180215 douroritsu 01.jpg

最新記事

コメント

Leave a Reply to ぬこあざらし Cancel reply

5件のコメント

  1. 画像が名古屋城ではないですね

  2. 伏見城?名古屋城の近くに山なんて見えたかな・・・?

  3. ご指摘ありがとうございます。
    訂正いたしました。

  4. 100m道路は戦後復興というより、徳川家康が制定した町並みを道路が利用しているとブラタモリで放送していたね。ダメ出しじゃないが、100m道路は交わっておらず下水処理場のとことで止まっているから巨大な丁字路です。

  5. 確かに、交通情報でも一般道の渋滞情報ってあまり聞かない。事故とか異常時でたまに聞く程度。
    戦災で街を作り直したからという経緯もあるのではあるが、道路整備に関しては愛知県は本当にレベルが高いと感じる。土地柄もあるとは思うが、信じられないくらい整備に時間をかける府県もある。